金子書房心理検査室

発達障害臨床のアセスメントに投映法を活用するために【後編】「認知-行動」と「今と未来」をつなぐ視点(明翫光宜:中京大学心理学部 教授)#臨床家が本音で語る 発達障害アセスメント #金子書房心理検査室

発達障害臨床のアセスメントに投映法を活用するために【後編】「認知-行動」と「今と未来」をつなぐ視点(明翫光宜:中京大学心理学部 教授)#臨床家が本音で語る 発達障害アセスメント #金子書房心理検査室

 本特集では、発達障害臨床のアセスメントに投映法を活用する視点について解説しております。【前編】は投映法の考え方について解説いたしました。【後編】は、発達障害臨床における投映法の活用の仕方について、読者の皆さんは専門家に限らないということを念頭におきつつ、紹介していきます。 投映法解釈における発達臨床的視点  まず前回のおさらいから出発いたしましょう。投映法における解釈という意義では以下の2点にまとめられます。ここでは、発達障害臨床で必要な視点を筆者なりに追加しました。解釈

スキ
13
発達障害臨床のアセスメントに投映法を活用するために【前編】投映法を正しく理解する(明翫光宜:中京大学心理学部 教授)#臨床家が本音で語る 発達障害アセスメント #金子書房心理検査室

発達障害臨床のアセスメントに投映法を活用するために【前編】投映法を正しく理解する(明翫光宜:中京大学心理学部 教授)#臨床家が本音で語る 発達障害アセスメント #金子書房心理検査室

 今回、発達障害臨床中で投映法によるアセスメントが提供する情報を私たちがどう活用していけばよいかについて解説することになりました。投映法は専門家間でも、誤解を受けやすい技法になっています。そこで【前編】として、よくある誤解を解きつつ、改めて投映法とは何かについてお話します。 心理アセスメントとは? 読者の皆さんが相談者(以下、クライエントと表記します)として医療機関・相談機関にて「次回いらっしゃったときに心理検査を受けましょう」と言われたら、どんな気持ちになるでしょうか? 

スキ
20
金子総合研究所の今まで ~主催セミナーの振り返り~

金子総合研究所の今まで ~主催セミナーの振り返り~

皆様からのご支援を賜り、金子総合研究所の設立から早いもので約半年が経とうとしています。この記事では「金子総合研究所の今まで」と題しまして、主催したセミナーを振り返ります。 金子総合研究所の今まで 金子総合研究所(以下、金子総研)の設立から早いもので約半年が経ちました。この半年間の間、金子総研主催のオンラインセミナーを行ってきました。毎回たくさんの方にご参加いただき心から御礼申し上げます。 今回は、どんなセミナーを行ったかを振り返ってみます。振り返りとともに、これからセミ

スキ
13
“発達障害”をアセスメントするということ(桑原 斉:浜松医科大学精神医学講座 准教授)#臨床家が本音で語る 発達障害アセスメント #金子書房心理検査室

“発達障害”をアセスメントするということ(桑原 斉:浜松医科大学精神医学講座 准教授)#臨床家が本音で語る 発達障害アセスメント #金子書房心理検査室

 今回、「“発達障害”をアセスメントするということ」というお題をいただいて、所感を述べることになりました。そこでまず考えたのは、誰が何の目的でアセスメントするのか?ということです。多分、立場によって求められるアセスメントは異なるのではないかなと思っています。自分は医療機関に所属する医師なので、医師のプロフェッションに沿って、アセスメントをします。なので、まず、医療機関で“発達障害”をアセスメントするということについて話します。とはいえ、それだけでは支援には不十分なので、医療機

スキ
36