眠れる彼女の夢の中

眠れる彼女の夢の中

眠れる彼女の夢の中

教室の窓から空を眺め、空想に耽る彼女の横顔に、幾度も見惚れてきた。 彼女は、僕の恋人でもなく、幼馴染でもない。ただのクラスメートだ。机の位置が二つ挟んで後ろにあるだけ。会話を交わすことも、ないではない。クラスメートなんだから。でも、彼女の幼馴染で恋人は、別にちゃんといる。 いや、いた。この間、いなくなったのだ。 「神隠し、っつうのかなあ……ふっと蒸発したんだってサ」 「はァ。気体になって消え去ったわけェ?」 「なわけあるかよ。書き置きひとつなく、姿を消したってだけだよ」

5