片山勝三

どぶろっくがすごい

どぶろっくがすごい

スラッシュパイル主催の『このどぶろっくがすごい』を視聴した。 このライブはコロナの影響で無観客配信。 リクエストライブ「このどぶろっくがすごい!」|スラッシュパイル #note ↑この記事でまだ観れるはずなので是非。 内容にはあまり触れられないので少し自分の身の上話から。 僕は去年中高一貫の男子校を卒業した。 六年間周りに女子がいないというのは厄介なもので、息をするように頭に下ネタが浮かんでくる。 しかもどこまでが人に引かれるラインかも分からない。 高校卒業か

スキ
8
原点回帰――片山勝三

原点回帰――片山勝三

文・片山勝三(興行師)  芸人がライブを行う「劇場」という興行の世界で20年以上生きてきた僕から、これから芸人として生きると決めた方へお伝えします。 「素晴らしいタイミングで芸人として生きていく覚悟を決めましたね!」と。  社会が窮屈になり、お笑いが大変なときに何を言っているんだ、と思われるかもしれません。でも、倫理観が強まる中、芸人が芸人らしく生きて大金持ちになれるような、そして若者から絶大な支持を受けるような世の中がまた来るという確信が、僕にはあります。そのためにす

スキ
4
芸人の個性を見極め、組み合わせる相手を決める。スラッシュパイル・片山勝三の芸人との向き合い方。

芸人の個性を見極め、組み合わせる相手を決める。スラッシュパイル・片山勝三の芸人との向き合い方。

企画でメシを食っていく2019。今回のテーマは「お笑いの企画」。 ゲストには、スラッシュパイル代表の片山勝三さんをお迎えしました。 <<片山勝三さんプロフィール>> 1974年生まれ。神戸市出身。吉本興業で今田耕司・極楽とんぼ・南海キャンディーズ・キングコングのマネージャーを担当。その後、舞台、ライブ、その他興行の主催・企画・製作 番組制作・キャスティング・進行管理等 各種コーディネート クリエイター・芸能人の育成及びマネジメントを行う「株式会社スラッシュパイル」を設立し

スキ
16
お笑いライブを観て

お笑いライブを観て

1月はさらば青春の光の面白さとお笑いライブの面白さから休みをつくってはライブに足を運んだ。 ・性格の悪いライブ ・しずるさらばの幕張でやるべきライブ ・それぞれの浅草キッド ・未発表の会 どれもそれぞれの個性を持ったライブで私の心に突き刺さる内容だった。 色々なライブを観て、お笑いを本気で好きになったのだが、私はなぜこんなにもお笑いの魅力に取り憑かれたのだろうか。 1つはお笑い芸人の世界を見る視点ではないかと考えた。芸人さんは笑いにこそするが、人の関わり方を真剣に考えていて