明徳の和約

明徳の和約 大学講師と高校教師のコラボ日本史

1391年、明徳の和約によって南北朝の合一が実現します。しかし、北朝は義満と後亀山の合意に冷淡な態度をとり、南朝側の不満が後南朝といわれる動きを引き起こしました。

足利義満 明徳の和約

足利義満は後亀山天皇と明徳の和約を結び南朝と北朝の合一を行いました。