教来石小織

子どもを認めることが親の一番大切な仕事なんだろう。

子どもを認めることが親の一番大切な仕事なんだろう。

先日「ゆめのはいたつにん」という本を読みました。 良い本でした。 カンボジアに映画を届けることで「夢を見る力」を子どもたちに持って貰う為のNPO活動をしている人のお話。 その活動内容の素晴らしさ等々は、興味が沸いたに方は是非本を読んでいただきたいとして。。 この本の作者であり、「ゆめのはいたつにん」である教来石小織さん。 この人自分に恐ろしく似ている。 行動パターンや思考の感じ。 面と向かっては言葉が上手く出てこないが、文章ならするするかけてしまい長文になりがちで

スキ
18
【参加募集中!】「壮大な構想」を描く・形にする・広げる力——大河ドラマプロデューサー、映画解説者、移動映画館仕掛け人と考える(家冨未央×中井圭×教来石小織)

【参加募集中!】「壮大な構想」を描く・形にする・広げる力——大河ドラマプロデューサー、映画解説者、移動映画館仕掛け人と考える(家冨未央×中井圭×教来石小織)

ひとりの夢を、みんなの夢中に。 世界中の子どもたちに映画体験を届けるという壮大な夢を描く映画配達人。 長大な作品構想を大所帯のなかで形にしてきたNHK大河ドラマプロデューサー。 「無関心が関心に変わる場」を仕掛ける異色の映画解説者。 3人とともに、壮大な構想を「描く」「形にする」「広げる」力を考える。 ~こんな方におすすめ~ ・まだ形にならないが、何か情熱を抱いている方 ・本当は大きな構想を持っているが、それを表明して動き出すことに抵抗があり悶々としている方 ・誰かの大き

スキ
1
プロが出すべき“成果”とはなんなのか?:「映画で人は救えるか?」イベントレポート(八星真里子)

プロが出すべき“成果”とはなんなのか?:「映画で人は救えるか?」イベントレポート(八星真里子)

「映画とは医療である」と言い切るカンボジア帰りの若き医師と、途上国で展開する移動映画館で子どもたちに夢の種をまくNPO代表が、「娯楽を超える映画の力」について語り合ったイベント『映画で人は救えるか?』。 このイベントに参加した八星真里子さん(英治出版オンライン編集パートナー)は、かつて青年海外協力隊としてニカラグアで国際協力活動に従事。そこで苦い経験を味わった彼女がこのイベントで考えさせられたのは、「プロが出すべき“成果”」についてでした。 参加することに満足してはいけな

スキ
14
【参加募集】映画で人は救えるか?:カンボジアに飛び込んだ医師&途上国の移動映画館仕掛け人、「娯楽を超える映画の可能性」を考える。(進谷憲亮×教来石小織) ※登壇者との交流会付き

【参加募集】映画で人は救えるか?:カンボジアに飛び込んだ医師&途上国の移動映画館仕掛け人、「娯楽を超える映画の可能性」を考える。(進谷憲亮×教来石小織) ※登壇者との交流会付き

可能性をアップデートする――。 「映画とは医療である」と言い切るカンボジア帰りの若き医師。 途上国での移動映画館で子どもたちに夢の種をまく映画配達人。 二人とともに、「娯楽を超える映画の力」について考える。 ~こんな方におすすめ~ ・映画をはじめとするエンタメが持つ広い可能性を考えたい方 ・映画に救われた体験がある方 ・既存の概念を超えた発想を考えたい方 ・国際協力などを行うNPO活動者やボランティアの方 ・医療活動に携わる方 「生きるために不可欠なワクチンではなく、な

スキ
6
行動を止めない、思考も止めない、迷いとともに:「『迷い』と向き合い続ける力」イベントレポート(小林祐子)

行動を止めない、思考も止めない、迷いとともに:「『迷い』と向き合い続ける力」イベントレポート(小林祐子)

「迷い」という言葉を聞くと、多くの人はネガティブな印象を抱くのではないでしょうか? だけど実は、「迷い」を安易に捨てて手近な「正解」に飛びつくのではなく、「迷いと向き合い続けること」に備わる力もあるのではないか。 そんなテーマを掲げ、迷いや葛藤と向き合う機会が多いであろう途上国や被災地で活動する二人の登壇者をお招きしてトークイベントを開催、そこに参加した小林祐子さん(英治出版オンライン 編集パートナー)に、ご自身の体験を踏まえながら感じたことを綴っていただきました。 人生

スキ
13
【参加募集】「迷い」と向き合い続ける力:途上国・被災地で活動する二人とともに考える(安田菜津紀×教来石小織)

【参加募集】「迷い」と向き合い続ける力:途上国・被災地で活動する二人とともに考える(安田菜津紀×教来石小織)

「迷い」を抱くことは、弱さではない――。 途上国で移動映画館を展開するNPO代表、被災地や難民キャンプを取材し続けるフォトジャーナリスト、二人とともに「迷い」が持つポジティブな力を探る。 ---------- ~こんな方におすすめ~ ・助けになりたい誰かに対して、今よりももっと寄り添えるようになるヒントが欲しい方 ・「自分の善意は自己満足なのではないか」「本当に正しいことをできているのだろうか」と悩んでいる方 ・自分の信念に対して頑なになってしまっていると感じる方 ・国際協

スキ
5