彭徳懐

中ソ緊張激化と廬山会議 1958-60

魯彤 馮來剛 黃愛文《劉少奇在建國后的20年》遼寧人民出版社2011年
陽雨《“大躍進”運動紀實》東方出版社2014年
黃崢《風雨歷程:晚年劉少奇》人民文學出版社2018年    等

 1956年にフルシチョフが行ったスターリン批判。その後起きたハンガリー事件に際して、ソ連が中国共産党の意見を求めたことは先に述べた。しかし両党の関係はその後次第に悪化した。
 1958年にはソ連が中国領内にレーダ

もっとみる
ありがとうございます

3.1 3.2 集団経済と人民公社

農村漁村文化協会訳 pp.112-121
毛沢東は「所有制が変われば、必ず生産力の大きな発展があるので、推進を促すことができるだけで、後退を促すことはできないし、盲進に反対するのはいかなる場合も誤りである」と信じていた p.113   (私も毛沢東の書いたものを読むとき、毛沢東はこのように信じていたと感じる。つまり生産関係決定論である。その意味では所有制が変われば、農民の生活水準も向上すると考えて

もっとみる
ありがとうございます