大谷義夫

経済か命か【エッセイ 意見文】一二〇〇字

経済か命か【エッセイ 意見文】一二〇〇字

 コロナが怖いのは、風邪やインフルと違い治療薬がないこと、ワクチンがまだ確実なものになっていないこと、無症状者もいること。米国の「ハナフダ」氏のような、「風邪と変わらん」と言い張る豪傑もいるから、改めて言う。絶対にうつらない、うつさないこと。  いま、医療崩壊が危惧されている。(確率的に)万が一にであっても感染し、不幸に重症や中等症になってもベッドがなくなるということ。「命の優先順位」の判断を求められると、医療現場では、その苦悩を訴えている。  「若いので重症にならないらしい

スキ
86
今週の気になる7人[Vol.030]

今週の気になる7人[Vol.030]

2020.2.1(土)−2.7(金) 「#気になる人」「#スキな人」「#素敵な人」な7人♪ #松島花(30) #モデル #女優 1989/8/5[まつしま はな/#MatsushimaHana] #東京都 #身長173cm #8頭身 #月曜の花 #ジャパンミュージックエンターテインメント 2001 モデルデビュー 2003 「non-no」専属モデルと 2013 『松島花マニュアル: トップモデルのプライベートFASHION&BODY』小学館 2014 テレ朝『ドクタ

スキ
8
誤嚥性肺炎は「左向き寝」「歯磨き」「バナナ」で防げ!

誤嚥性肺炎は「左向き寝」「歯磨き」「バナナ」で防げ!

肺炎は死亡数96,841人で5位、誤嚥性肺炎は35,788人で7位。「2つの肺炎」の死亡数を合計すると13万人を超える。どうやって防ぐか?/大谷義夫(池袋大谷クリニック院長) 取材・構成=長田昭二 約7割が自覚症状に乏しい  厚生労働省が発表した2017年の人口動態統計で明らかになったある変化が、医学界で話題になりました。11年の統計以降、日本人の死因は首位のがん、2位の心疾患に次ぐ第3位は「肺炎」でした。ところが、17年の統計では、1位と2位は変わらないものの、3位には

スキ
16
春のいびきは花粉症が一因?

春のいびきは花粉症が一因?

春は花粉症の悩みが目立ちますが、意外に増えていると言われているのがいびきの悩み。 中でも40歳以上の女性の方に悩みが多いようです。 30代に比べると40代でいびきに悩む女性は約2倍というデータもあります。 今回は春にいびきが酷くなる仕組みと40歳以上の女性にいびきの悩みが多い理由、いびきの対策をご説明します。 (目次) 1 そもそもいびきのメカニズムとは? 2 春にいびきが酷くなる理由は? 3 なぜ40歳以上の女性に多い? 4 どう対策すればいい? 続きはこちらで

スキ
21