夏目漱石さん

vol.63「時代の空気を映す文学」(『漱石文明論集』三好行雄・編/岩波文庫/1986年刊)

vol.63「時代の空気を映す文学」

みなさんこんにちは。
今週は漱石です。

漱石の雑文には独特の魅力がありまして。

この連載の初期のころは、漱石っぽく崩した文章をこころがけていました。

あこがれゆえに。

…不毛な試みでしたが。

夏目漱石、『漱石文明論集』。
では、どうぞ…。

本書は、漱石が生きていた時代に刊行されたわけではなく。

後世、漱石の講演とかの、文字おこしを。
雑誌等から

もっとみる
来週もがんばります!
10

いっそ死んでしまいたい

夜は頭を悩ませることに使います。だってその方が次の日を幸せに生きていけるような気がして。

でも、違うんですね。次の日は次の日で、今日は今日なんですね。それに気付いた時、なんて無駄な時間を費やしてしまったのだろうと胸をギュッと押さえつけましたが、兎に角無駄なのでした。

学校へは行きたくありませんね、あれは出来る人が行けば楽しいものですが、私のようなものが行ける場所じゃあありません。

先生も恐ら

もっとみる
貴方の応援が力になります。
12

vol.29「猫の潜む生活」(『吾輩は猫である』夏目漱石/1905)

vol.29「猫の潜む生活」

みなさんこんにちは。

大阪に万博が来るようですね。

水道は手放すわりに、五輪やら万博やら、余計なものは呼んでくる。

政治とはお祭りの幹事役をすることですと、教科書にでも明記してくだされば、不毛な誤解も生まず、天下も治まることでしょう。

他人事のようですが、じっさい他人事なので仕様がありません。

だって猫だもの。

今週は夏目漱石、
『吾輩は猫である』です。

もっとみる
本のリクエストも受け付けております!お気軽にどうぞ…
10

ゆっくりたより 17-02-16

先週はこの、ゆっくりたより、お休みいただいてました。

まぁその・・・皆さんと同じで体調崩してます。

伊東から帰って来てからずっとですね。

なかなか良くならず。

なかなか色んなことが進まず。

そうそう。忘れてら。

ゆっくり。ゆっくり。

忘れてら。

いや、しかし・・・皆さんに本当に支えられております。

楽しい創作物、コメ欄などのわちゃわちゃ、贈り物。

心配、励まし、慰めの言葉。

もっとみる
m(*_ _)mユックリガンバリマス🌻🌼🌻
37