NHK朝ドラ

朝ドラ「はね駒」再放送が面白い件について

全国の朝ドラクラスターを熱狂させた『おしん』の再放送が終わり
「四月から何を楽しみに生きていけば…」orz←最近見なくなったわね。この顔文字。とおしんクラスターを落ち込ませましたが、どうやら『エール』と同じ福島が舞台だということで『はね駒』の再放送が始まりました。

ひゃっほー!!!
いえねー私が『あさが来た!』五代様(ディーン・フジオカ)の初期モデルは『はね駒』のジュリーだよね?と、いくら口をす

もっとみる

♪13【アイデア/星野源】フルート演奏

NHK 連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌。
星野源ちゃんの曲は、
聴いても吹いても、元気が出る♪

この曲がお好きなんですね♪
6

【朝ドラ考】ホームvsビジターの勝率差から考える「エール」の効果

エールが面白い。テンポの良い脚本に、二階堂ふみのヒミズ以来の叱咤激励ガールぶりや、クドカンがよく使う「物語装置としての第三空間」の役割を担う喫茶「バンブー」の存在。その女主人仲里依紗の怪演とそれをもっちゃりと支える野間口徹の夫婦コンビに、音楽ディレクターを演じる古田新太はあまちゃん「太巻」のセルフカバーだ。

さて物語の主人公である窪田正孝(古賀裕一役)のモデルは東京オリンピックのマーチを作った作

もっとみる

朝ドラ『エール』とワセダと父親の話

父は存命であるが、話題にすることはほとんどない。他人様に言うほどのことを言えないほどの人だからである。

80年以上生きて来て、二度だけ、ヒットを打った。打率は低いながらその二度のヒットが私の人生に影響している。

1本目のヒットは、私が高校1年の終わり。おそらく理系は無理だからと、文系に進む方向で手続きを終えていた。
「手に職をつけなさい。薬剤師がいいのではないか」

2本目のヒット

もっとみる

今週の朝ドラ、エールもすごい良かった。早稲田応援団長の田中さんのセリフ「頑張ることは繋がる」にぐっと来た‼ネットでも話題になっていて、多くの方が共感してるのですね(*^^*)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00010025-realsound-ent

I'll keep my fingers crossed♥
18

「応援」とは何なのか。新人記者の僕に小枝守さんが教えてくれたこと

今週、NHKの朝ドラ「エール」が、作品のテーマに関わる大事な局面を迎えた。

窪田正孝さん演じる主人公の作曲家・古山裕一は、早稲田大学の応援部から、あの「紺碧の空」の作曲を依頼されていた。
だがなかなか身が入らず、催促に来た応援部員たちに「応援って勝敗には関係ないんじゃないですか」と言い放ってしまう。

応援とは、なんなのか。
根源的な問いをぶつけられ、応援団員たちは思い悩む。

その姿を見ながら

もっとみる
ありがとうございます!
97

朝ドラ「エール」のよかった探し

ワシだってわざわざnoteに延々と朝ドラ『エール』が、いかに・どんだけ〜!ツマんないか。を罵詈雑言並べて書くだなんてちょっと性格悪すぎない?

…とは全く思いませんね。

文句並べてドラマが面白くなるのなら、いくらだって!何千文字かけても突っ込みを書くわい。

だけど…もういいかも〜。

あのねー『なつぞら』も『半分、青い』もムカつきながらも飛ばし飛ばしながらも結局ラストまで見てたんですが『エール

もっとみる

朝ドラ「エール」天才を描く難しさ

相変わらず、朝ドラ『エール』にちっともハマれない今日この頃ですが、5月は五月雨。いかがお過ごしですか?

面白くなければ見なければいいじゃん!
ですよね〜!
だが断る。

だってその前にBSで放送している『はね駒』が面白いんだよ!CMないからそのまま続けて見ちゃうじゃん!

そんな訳で特にnoteにロングな感想も書く気もおきないぐらい流し見していたんですけど、コロナのせいで放送休止になってしまうみ

もっとみる

朝ドラ「なつぞら」100のあかんとこ

①主人公なつの行動がイミフ!
②主人公の成長が全く感じられない
③主人公に共感出来ない
④演出下手か!
⑤演技指導?イヤイヤ広瀬すずにはそんなもの必要ないでしょ?
⑥なんで?!どうしてこうなるの〜?!が多すぎ
⑦毎日違うファッションでしたという史実は本筋と関係ない
⑧イケメン俳優の無駄使い
⑨いつの時代ですか?
⑩北海道と東京間どこでもドアで繋がっている説

⑪主人公はわりとあっさりと上京
⑫同級

もっとみる

はね駒 #48(ドラマ)

◆明治大正期に活躍した実在の女性記者をモデルにした、1986年放映のNHK朝ドラ。

現在BSで再放送されているのだが、主演の斉藤由貴が初々しいこと! 特に今朝は神回だったと思う。

苦手な英語を特別特訓してくれた女学校の松浪先生(沢田研二)に、恋心を抱くりん(斉藤由貴)。諸々の心労が重なり倒れた松浪を、退学も辞さない覚悟で完備する。

りんの母やえ(樹木希林)は、その様子を側で見守りつつ娘の親離

もっとみる
更にスキして下さって、ありがとうございます❤️
2