信長を裏切った

#0123【心のひだに触れし月(明智光秀)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
信長を裏切った男たち特集。トリはやはりこの人、明智光秀でしょう。

歴史に詳しくない人でも、明智光秀といえば裏切り者の代名詞のような存在と認識しているのではないかと思います。

天下統一まであと一歩の信長を1582年6月2日(日付は旧暦)に京都本能寺にて攻め滅ぼしました。

信長は、早朝、本能寺が軍勢に囲まれていることに気づくと「何者の手勢か」と問い

もっとみる

#0122【裏切りの果てに(松永久秀)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
信長を裏切った男たち特集、第二弾は松永久秀です。

ちょっとマイナーかもしれませんが、戦国時代を象徴するような個性豊かな人物であり、魅力的な人物です。

彼の特徴は二点。

「新しいもの好き」と「裏切り」です。

はじめて城に天守閣を築いたり、毎日健康管理のためにお灸を使ったりしていました。
当時日本に入ってきたばかりのキリスト教についても興味を示し

もっとみる

#0121【戦国を生き抜いたもの(浅井長政)】

1日1分歴史小話メールマガジン発行人の李です。
今週は織田信長を裏切った戦国武将特集です。

最初は、信長の妹で絶世の美女と称される「お市の方」を妻とした浅井長政(あざいながまさ)を取り上げます。

浅井長政は滋賀県北部の大名家であり、琵琶湖の水運をベースに力をつけていきます。拠点としていた小谷城は難攻不落の山城として有名でした。

浅井家は長政の祖父の時代に、福井県にあった強国朝倉家の支援を背景

もっとみる