世田谷一家殺人事件

【世田谷一家殺人】未解決事件理事官・大峯泰廣が語る「真犯人」

【世田谷一家殺人】未解決事件理事官・大峯泰廣が語る「真犯人」

2000年12月30日深夜。東京・世田谷にある祖師谷公園に隣接する宮澤みきおさん(当時44)宅に何者かが侵入し、幼い子供2人を含む一家4人を殺害した。世間を震撼させた「世田谷一家殺人事件」である。のべ約28万人の捜査員が投入されたが、捜査は難航し、犯人逮捕には至っていない。 大峯氏は2005年から警視庁捜査一課の「未解決担当理事官」として、この事件の捜査を指揮した。「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」の宮﨑勤や「ロス疑惑」の三浦和義など数多くの犯罪者と対峙してきた“伝説の刑事

スキ
11
世田谷一家殺害事件 ・ Setagaya Family Murder

世田谷一家殺害事件 ・ Setagaya Family Murder

「世田谷一家殺人事件」の真相に迫る。そして真犯人を名指しする!

「世田谷一家殺人事件」の真相に迫る。そして真犯人を名指しする!

この事件について書くのはかなり身の危険を感じる。 それでも、真相に近づくにつれ有耶無耶にできないという気持ちも強い。 そして、このような事件が再び起きることのないようにとの願いも込めて知りうる範囲のことを記していきたい。 まずは事件の概要に触れてみよう。 2000年12月31日に世田谷区上祖師谷の会社員・宮沢みきおさん(44歳)宅で、この家の一家4人が殺害されているのを妻・泰子さんの母親が発見したという歴史に残る未解決事件。 その殺害方法もおぞましく当時社会に大きす

スキ
1
有料
1,200