上場延期

規制リスクの大きさ

米大統領選のニュースでちょっとインパクトが薄まってしまいましたが。本来は11月5日に上海と香港の両証券取引所で上場予定であった、アリババ傘下のアントグループが上場延期、となったとのこと。 アント・グループは3日夜、香港、上海で計画していた新規株式公開(IPO)を延期すると発表した。経営権を実質的に握るアリババ創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が2日に金融当局の聴取を受けたことが理由。民間主導で発展してきたフィンテック分野でも、国家の統制が強まりそうだ。 以前の投稿にもあった

スキ
6

キオクシアの上場延期と、ジャパンマテリアルの株価と、楽天ビューティに床屋も入ってればいいのにという件。

行きつけの床屋は、ちょうど80歳の方だから、PC操作が無理で株取引は対面証券でやっている。 ちょうど、半導体のキオクシアが上場延期になって、そこに半導体向け特殊ガスを納めているジャパンマテリアル、IPO以来かなり上がったけど、「キオクシア上場に向けて上がる」というポジションの取り方は懐疑的だったけど、秋冬のインフル新型コロナの感染爆発次第では、1000円以下でも拾えるかもね。 床屋のおっさんは、IPOで証券会社から買ってくれって来たらしく1単元買って、セカンダリーで買い足

上場戦略の変更は絶好の投資機会|ニュース解説プレミアム Vol.07

11月1日、Sansanはウイングアーク1stと資本業務提携を結ぶと公表しました。 約49億円で約11%の株式を取得予定です。 上場会社による非上場会社への出資は日常茶飯事ですが、このケースは今後増えそうなので取り上げました。 ウイングアーク1stの上場

有料
500