三遠南信地域

県境を越えた「三遠南信」の10年後~リニア時代にふさわしい魅力づくりを

 JR飯田線は、長野県辰野町から飯田市を経て、静岡県から愛知県豊橋市へと続く195・7キロメートルのローカル線です。以前、秘境駅で降りる臨時列車の旅を楽しみました。小和田(こわだ)駅では愛知、静岡、長野の三つの県境を一度に踏むことができました。そのとき思ったのは、県境に行政上の意味があっても、人々の交流をさえぎるものではないという当たり前のことでした。

(飯田線全線開通80周年で列車を出迎えるJ

もっとみる
2021年連載「新聞紙学」ご期待
6

最新技術で三遠南信自動車道を安全施工浜松河川国道事務所が新城のトンネル内を公開

浜松河川国道事務所は10月28日、三遠道路(愛知県東栄町新城市間、21㌔)の報道機関向け現場見学会を新城市川合の1号トンネル(642㍍)内で開いた。安全向上とコストダウンにつなげるため、トンネル工事に導入している最新のIT技術を紹介した。

発破の爆音が漏れないよう、堅牢な扉を二重設置している

1号トンネル工事現場の入り口

1号トンネルの掘削は半年前から始まり、1カ月あたり30㍍のペースで施

もっとみる

この夏、ブルーバードに会いに行く

三遠南信地域には多くの野鳥が生息している。
長野県南信地域の天龍川村は、ブッポウソウの飛来地である。村役場にも巣箱が置かれ、映像で子育てを見ることができる。
自宅近くの佐鳴湖や馬込川付近ではカワセミを年中見ることができる。
日本のブルーバードでまだ見たことがないのが、サンコウチョウとオオルリ。
これまた近くの浜北森林公園に夏鳥としてやって来るらしい。
サンコウチョウはジュビロ磐田のジュビロ君のモチ

もっとみる
スキありがとうございます❗
3