三田村亮

新着の記事一覧

くだらないなっていう一言を一週間抱えて生きていた|燃え殻 インタビュー

本の「様式美」を越えた先に装丁の美学がある|エディトリアルデザイナー 大岡喜直

「心に埋めたものが流れ出す」小説だからできること|翻訳家 斎藤真理子

研究とエンターテインメントの相互作用|アイヌ語研究者 中川裕

小説というジャンルに、皆が託そうとしているもの|monokaki編集部