ムーミンバレーパークのつくりかた

なぜ、私たちは今イベントをするのかー「ウインターワンダーランド」の意義【前編】

なぜ、私たちは今イベントをするのかー「ウインターワンダーランド」の意義【前編】

1.冬季限定イベント「ウインターワンダーランド」と開催への思い ムーミンバレーパークの冬季限定イベント「ウインターワンダーランド」は、原作の小説『ムーミン谷の冬』の世界を舞台に、冬眠からひとりだけ目覚めてしまった主人公のムーミントロールが、いろいろな生きものと出会い、孤独を乗り越え成長していく物語を昼と夜でそれぞれ追体験できるイベントです。 こちらの「ウインターワンダーランド」は、昨年も開催していましたが、昨年は、新型コロナウイルスの影響で臨時休園などもあり、予定より1週

スキ
32
ムーミン75周年とフィンランド国立博物館の動画ツアー、そしてムーミンバレーパークに思いを馳せる2020年の年の瀬に

ムーミン75周年とフィンランド国立博物館の動画ツアー、そしてムーミンバレーパークに思いを馳せる2020年の年の瀬に

1945年の最初のムーミン小説『小さなトロールと大きな洪水』が発表されてから75年目にあたる今年2020年の「ムーミン75周年」も終わりを迎えようとしています。 ムーミンバレーパークでも、75周年を記念した限定商品やフードメニュー、ワークショップメニューなどを展開してきました。 フィンランド・ヘルシンキのフィンランド国立博物館(Mannerheimintie 34, Helsinki)でも、ムーミン75周年記念企画展「勇気、愛、自由! 」というイベントが開催されました。「

スキ
31
フィンランドで大人気、アイスホッケー界の「キャプテン・モラン」

フィンランドで大人気、アイスホッケー界の「キャプテン・モラン」

昨日からフィンランドでは、SNSのプロフィールをモランのアイコンがついているバージョンに変更するのが大流行中。 フィンランド人にとっての国民的スポーツであるアイスホッケーの男子世界選手権が昨日行われ、決勝戦でフィンランドがカナダに3-1で勝利し、8年ぶり3度目の優勝を遂げました。 日本にも、スポーツ中継の名物解説者がいるように、フィンランドにもアイスホッケーと言えばこの人!、という解説者がいるのですが、試合の中でフィンランドチームのキャプテンのMarko Anttila(マ

スキ
19
アートと自然、与えられた才能-HAMヘルシンキアートミュージアムとのエピソード

アートと自然、与えられた才能-HAMヘルシンキアートミュージアムとのエピソード

先日、ムーミンバレーパークに、フィンランドからお客様が来られました。 ムーミンや作者トーベのふるさと、フィンランドのヘルシンキ市が運営する美術館Helsinki Art Museum (HAM)の館長と、ヘルシンキ市のマーケティングチームの人々です。 わたしたちのパークの展示施設Kokemsusで再現されているトーベのフレスコ画、そして階段に再現されているアウロラ子ども病院の壁画は、HAMの所蔵のもので、企画展「ムーミンとトーベ・ヤンソン展」の最後に飾られているトーベが描い

スキ
51