バレエロレーヌ

バレエ・ロレーヌ

2018年9月16日(日)KAAT神奈川芸術劇場

国立振付センターバレエ・ロレーヌ。フランスのコンテンポラリー専門のバレエ団がマース・カニングハム、ウィリアム・フォーサイス、そして今ヨーロッパで新進気鋭と紹介されるベンゴレとシェニョーによる作品、と3つを踊る。モダンダンスからコンテンポラリー、そして現在を一度に見られる機会に惹かれた。『国立振付センター』所属のバレエ団という位置付けも日本からみる

もっとみる

バレエ・ロレーヌ トリプルビル

2018/9/16日 15:00- KAAT

以下、公演の公式サイト( http://www.kaat.jp/d/lorraine )より概要を転載。

---------------
フランス最高のバレエ団のひとつ、
国立バレエ・ロレーヌによるトリプルビル

巨匠から新世代まで、知られざるバレエの進化を発見
ポストモダンダンスの巨匠カニングハム、バレエを脱構築した鬼才フォーサイス、いまヨーロ

もっとみる
きゃー、嬉しいっ♪
1