トイドローン

トイドローン ジンバル有無の動画比較をしてみた。

今回、ジンバル付のカメラを付属した、DJI MAVIC miniとPotensic T-25の動画を比較してみた。

トイドローン/風を恐れずに飛ぶスーパーテクニック

トイドローンを外で飛ばす場合の天敵は...と聞かれたら、迷わず、「風!」と答える人は少なくないでしょう。200g以上のドローンであれば、どうって事のない微風が、トイドローンにとっては機体のロストに繋がる脅威になるのです。

そこで、今回は風と上手に付き合うためのスーパーテクニックを伝授していきたいと思います。もし、トイドローンやドローンを風で落としてしまった人には必見の内容となります!

そもそも

もっとみる

トイドローン・バッテリーの話/何本買えばいいの?などにも回答

ドローンやトイドローンで切っても切れない関係にあるのが、バッテリーです。バッテリーは消耗品になりますので、いつかは買い替えなくてはなりませんが、扱い方によっては長持ちしたり、すぐ使えなくなってしまったりするのです。

バッテリーは、トイドローンだけではなく、スマホやノートパソコンにも使われていますので、バッテリーの正しい取り扱い方を知れば、様々な機器に応用できるので、基礎知識は是非、抑えておきたい

もっとみる

トイドローンは何故飛べるのか?

ドローンやトイドローンが何故、飛べるのか?

その答えは、プロペラがあるから...では、あまりにも当たり前になってしまいますので、もう少し詳しくお話していきましょう。

ドローンには、プロペラ4枚のクワッドコプター、6枚のヘキサコプター、8枚のオクトコプターなど、幾つかのタイプがあります。今回は4枚タイプのクワッドコプターで説明していきます。

もっとみる

トイドローンの時代到来

「趣味はドローンです」とか「ドローン飛ばしてます」とか言うと、「やってみたかったんです」と言われる事がよくあります。

しかし、興味はあるけど、始められない人は結構いるみたいで、「ドローンって結構しますよね(値段)?」とか「飛ばす場所ってないんでしょ」など、ハードルの高さに手が出ないケースもよくあるようです。

確かに少し本格的なドローンになると大体15万円以上は必要だったり、法規制の関係で飛ばす

もっとみる

DJI Tello(テッロ) #2 夏の景色

やっと梅雨も明けたので外で飛行させる事が出来ました。
夏は緑が映えて良いですね!映像も清々しい眺めで となりましたので是非お立ち寄り下さい。
#ドローン #トイドローン #DJI #Tello #テッロ #夏の景色

昨日注文、今日到着。
早い!

ありがとう

最近始めたこと ~ドローン~

最近と言っても6月だけれど、トイドローンを買いました。

DJI MAVIC MINIというやつで、トイドローンの規定の重さのギリギリ最重量で出来てるもの。

私も奄美の風景をドローンで撮ってみたかったし、旦那さんもこれがあれば簡単な屋根の点検の時(旦那さんは屋根屋さん)に、わざわざ梯子で登らなくても良いんじゃない?と思って。

トイドローンは制限区域内や周囲の人に配慮すれば許可や免許がなくても飛

もっとみる
読んでいただいてうれしいです。
1

iPhoneがスキなので、部屋空撮して動画編集してYouTubeにあげてみた。

外出できない時間が長くなるので、なんか部屋でできる遊びを見つけようと、トイドローンを買ってみました。TelloというDJIとIntelが組んで作った手のひらサイズのドローンです。

もっと安いのはいくらでもあるんですけどね。DJIはやっぱりドローンブランドとして信頼があると勝手に思っているのでね。とはいえ、数万レベルは流石に最初に手を出すにはちょっと。

結論としてはこいつで正解でした。安定して飛

もっとみる
この記事を見つけ、さらにスキなんて!ありがたい!!
1

トイドローン(200g未満のドローン)を調べまくって分かったこと!おすすめはこのドローン!

ドローン好きで色んなトイドローンを調べまくったので、現状のトイドローンはどうなのかや、おすすめのトイドローンをご紹介していきます。

まず「トイドローン」とは何ぞやという方の為に、トイドローンとは明確な定義はありませんが、重量が200g未満のドローンの事を指して使用される事が多いです。この記事でも200g未満のドローンの事としてトイドローンという言葉を使用させて頂きます。

なんで重量が200g未

もっとみる