【初心者向け】ユーチューバーはファンと共に成長させていくんだと思う

YouTubeのクリエイターは、自分勝手に動画を配信して、データ分析をして成長するのではなく、ファンとコミュニケーションをとりながらチャンネルを成長させていくんだと思う。

例えば、ファンが求めてもないのに「ハワイ行った~」とかの動画を作ってもただの自慢動画になってしまう。これでは誰のために動画を配信してるのかわからない。

ファンが「ハワイ旅行の動画が見てみたいです」とリクエストがあった場合、「

もっとみる
ありがとうございます(^^)
2

#007 YouTubeが大量生産する”人気者”

昨日は感情の起伏が久しぶりに激しくて自制するのが難しかった。嫁が酔っ払って飲み会から帰ってきて、まあそれが現実に引き戻してくれた感がある。

YouTubeを始めてみんなが意識するのはチャンネル登録者数と再生回数。まあ稼げる新興ビジネスは注目も集めるが叩かれやすい。土壌も整っていなくてヒーローも生まれるし、悪者も生まれてくる。

なんでそんな構造になりやすいか。数字の力だ。ネットの世界は何をしても

もっとみる
さんきゅ★
8

YouTubeの企画で屁で爆発してみたねんけど聞く?

最近私ごとですがYouTube始めさせてもらったんですけど、

その企画で「屁で爆発してみた」って

企画をしたんですけど、

色々な有名YouTuberがしてる企画なんですけど

私人より屁をこくことができるので、

人より爆発できると思いやってみたんですけどね

なんと踏ん張りすぎて…笑

続きはYouTubeで見てください。

https://youtu.be/3B7Uzb_XJgE

一言ぐらいずつ日記 1/8

ラジオがやりたい

題名の通りラジオやりたいなぁとここ最近ずっと思っている。
今の時代、Podcastもボイシーもあるので、やれない事は無いだろうけど、
何かおもしろい取り組み方は無いかなと考えている。
Showroomのラジオでも十分なんだけど、
youtubeも始めた理由として「アーカイブに残したい」ということ。
showroomはどうしたって生放送だから、それを残せれたらなぁと思う。
まぁ録

もっとみる
「スキ」ありがとうございます(o^^o)
10

YouTube開設して辞めた2019年から[チャンネル登録1万人を目標にした2020年]

こんにちは、冨田です。

今回はコラム的な記事になっておりますが、楽しんで頂けると幸いです。

[僕は2019年に一度辞めていた]

僕はYouTubeを一度辞めました。理由は伸ばせなかったから、批判をされまくったからだ。今思うとバカだったなと思う。

自分の未熟さを感じた。 YouTubeをやっても再生回数が伸びなくて、チャンネル登録者も増えなかった。1投稿してもチャンネル登録者は0人、視聴回数

もっとみる
定期購読はじめました!
9

YouTubeの登録者数を6ヶ月で600人に増やすために取り入れた方法を紹介

こんにちは jima です。

半年前からYouTubeへ撮影技術や
ビジネスに関する内容の投稿を始めました。

ありがたいことに、ただの一般人ですが
半年間でチャンネル登録者数 600人へ到達し
今も少しずつではありますが伸びております。

当記事では半年間で600人までチャンネル登録者数を伸ばすために
私が活用した方法などを紹介いたします。

一部有料記事としておりますが
YouTubeに関す

もっとみる
「スキ」ボタン ありがとうございます(^^)
1

電車通勤より車の方が多いけど満員電車だよね『無駄』[YouTube9]

YouTube動画はこちらです。

このnoteは上記YouTube動画の文字起こしした記事になっております。

{はじめに...}
「こんにちは、冨田です。今回のテーマは電車通勤についてです。電車通勤をしていてこの時間やだなとか無駄だなとかストレスだなとか思う人多いと思います。」

「例えば、朝起きて眠い中、駅まで向かい、電車に乗って満員電車に揺られて学校や会社に向かう時、ストレスを感じる人、多

もっとみる
嬉しいです。YouTubeもやってます!
7
えっ⁉️こんな私に スキ と言われるのですか
1

BuzzVideo(バズビデオ)でこんなオリジナル内容が満載! 第4弾:癒し系チャンネル「moshinuko」のご紹介

バズビデオを見てこれは皆さんに見て欲しい!という方を毎月1名おすすめします。
今回は、そんなBuzzVideo内の特に面白いと思ったクリエイターをご紹介します!

今回はこちらの方をご紹介⇩

チャンネル:https://bit.ly/2sZoIsF
なんと2017年よりBuzzVideoへ動画投稿をスタートしている重鎮です!
猫の茶トラと三毛猫そして二人をサポートしているスタッフさんの何気ない生

もっとみる