スケッチパッド

ヒトとコンピューター2(エクリから)

前回記事:ヒトとコンピューター1(エクリから)

前回に引き続きEKRITS<エクリ>に掲載中である水野勝仁氏による「インターフェースを読む」という連載を元に、そのモデルスケッチの清書と自身の考察を書いていきたいと思う。

今回は、第2回の「スケッチパッドで「合生」される世界」の記事である。

この考察シリーズを勝手に始めるに当たって自分の中で目的と目標ある。

まず目的としては、この「インタフェ

もっとみる
もしよろしければ、読んだ感想をいただけると幸いです:)
8