サイバー犯罪

「ハードウェアウォレットの悲劇的な事件」Hacken CEO ドミトロ・ブドリン氏

ドミトロ・ブドリン氏(Dmytro Budorin)はサイバーセキュリティコンサルティングの会社Hackenの共同設立者です。Hackenはブロックチェーンのセキュリティを専門とし、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。サイバーセキュリティのリテラシーについての重要性や、ネット上で自分の情報を守るにはどうすればいいか等についてインタビューしました。

インタビュー日 : 2020年11月

もっとみる

☘️ポンコツ野郎!!(o・ω・o)うっせぇわ!!!!ちんナス!!野郎☘️(*・ω・)ガタガタ言わずに!!たかたクリニックへ行けよ!カス!!!



☘️コイツら(o・ω・o)

何言ってんだ!!ダウン症!

☘️お前ら(*・ω・)ポンコツ脳ミソ!!

☘️(o・ω・o)糞ボケ!!ポンコツ野郎!!

☘️(*・ω・)お前ら!!!馬鹿なんだろ!!!!!

☘️( ・ω・)( ・∋・)ガタガタ

言いやがって!!!!カスカスカス!!

☘️(o・ω・o)お前ら!!!!

たかたクリニックへ行け!

☘️(o・ω・o)

たかたクリニックで

もっとみる
お気遣い恐縮ですm(_ _)m

私を詐欺犯に仕立て上げた男女2人組

皆さま、ご機嫌よう。

前回のnoteでは、パパ活アプリで知り合った男性に唆されて詐欺犯にさせられた上に100万円の借金を負った話について書きました。

今回は、その件で関わった男女2人組の情報を公開します。もし「その2人組とやりとりをした」「似たような手口のパパ活を経験した」という方がいれば、速やかに警察に相談しにいくことをオススメします。

LINEでのやりとりも全て公開するため、自分の無知さ

もっとみる
読んでいただけて嬉しいです!
1

サイト操作によるブラウザ誘導(サイバー犯罪)

集団ストーカー被害者のあり得ない生活は続いている。相変わらず電磁波拷問の日々で頭が痛い。昨日(4/10)の嫌がらせ電話は、32件だった。[2021.04.11]

1.サイト操作は可能である

テレビで同じチャンネルを見れば、誰もが同じ番組を見ていると思っている人が多い。しかし「あなたにだけ」別の番組を見せることは可能になる。

それを可能にしたのが、デジタル放送である。個別に番組を制作できるため

もっとみる
スキありがとうございます。(*^-゜)vThanks!
4

思考できるのが人間である

集団ストーカー被害者のあり得ない生活は続いている。相変わらず電磁波拷問の日々で頭が痛い。[2021.04.07]

1.どうしても被害報告が中心になってしまう

noteの説明文には、
「noteはポジティブな内容にしたいと思います」
と記載しておいた。しかし嫌がらせばかりの毎日で、被害報告が中心となってしまっている。

加害者組織としては、佐藤に対する嫌がらせ工作の事実を公表されたくない。犯罪者

もっとみる
スキありがとうございます。(*^-゜)vThanks!
4

メールも作れない(嫌がらせ犯罪をする目的)

集団ストーカー被害者のあり得ない生活は続いている。相変わらず電磁波拷問の日々で頭が痛い。昨日(4/6)の嫌がらせ電話は、20件だった。[2021.04.07]

1.ツイッターはAI管理されている

ツイッターだけではないが、私がどこかのサイトを見ようとすると、
「あなたが機械でないことを証明してください」
と表示されてしまう。つまり機械(AI)で管理されていることが分かる。

Yahoo!メール

もっとみる
スキありがとうございます。(*^-゜)vThanks!
4

note不正アドレス事件(サイバー犯罪)

集団ストーカー被害者のあり得ない生活は続いている。相変わらず電磁波拷問の日々で頭が痛い。昨日(4/3)の嫌がらせ非通知電話は、50件以上だった。[2021.04.04]

1.佐藤専用noteアドレスを作られていた

noteにログインしようとしてアドレスを確認したら驚いた。普通なら、
”hpps://note.com/login”
と表示されるはずだが、なんと、
”hpps://note.com

もっとみる
スキありがとうございます。(*^-゜)vThanks!
4

パパ活アプリで詐欺犯になって100万円の借金を背負った話

皆さま、ご機嫌よう。

先日、詐欺犯として警察署で始末書を書いてきました。「騙された被害者」という認識が強いのですが、法律的には私が犯罪者として「騙した犯人」なのです。

今回は事件にならず前科がつくことはありませんでしたが、結果的に約100万円の損失を負うことになりました。

「犯罪に対する知識がなかった」「お金に困窮していた」「警戒しているつもりだった」というのが、騙された結果として詐欺犯に仕

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
4

デジタルと人権①〜通信大手モビスター社のサイバーいじめ防止キャンペーン〜

[デジタルと人権/サイバーいじめ/企業の好事例]

コロナ禍で対面よりもオンラインでのコミュニケーションがますます増加する中、子どもたちがサイバーいじめ被害に遭うリスクが高まっています。本記事では、スペインの通信会社モビスター社が、2017年から実施しているデジタルにまつわる人権問題を防止するために行っているキャンペーンを紹介します。

サイバーいじめに対する通信会社としての社会的責任

モビスタ

もっとみる
ありがとうございます!他の記事も是非!(^^)!
6

デジタル監視法案(デジタル改革関連6法案)に強く反対する  法律家・法律家団体の緊急声明

2021年3月17日の報道によれば、氏名、メールアドレス、電話番号、ID、書き込み内容など、LINEの個人情報が、大量に中国の委託先に「流出」(正確には「盗まれた」)という事態が明らかになりました。

LINEは、日本人約8000万人が使っています。外国でも使われています。日本の政府や地方自治体も、各種事業等に使っている「日本有数の公的な情報インフラ」でもあります。

さて、中国人は、32回もLI

もっとみる
スキをいただき、ありがとうございます。今後ともよろしく!!
4