ゲームキャスト

Steins;Gate 第10章に嗚咽を漏らした高校生の話

※Steins;Gate ゲーム版、アニメ版の終盤ネタバレを多く含みます!
文章中の写真はPSNowでSS機能が使えない為、設定資料集や出力画面の直撮りなので粗いです。ご了承下さい。

はじめまして。Drvr(ドライバー)と申します。

Esports大会(特にPJS)やTwitchでゲーム配信見たり、モンハンでスラアクをブンブン振ってなぎ倒す生活をするゲーム中心のオタクになってしまった高校生です

もっとみる
Praise The Sun!
10

『永遠の七日』を「好きなキャラクターと一緒に死を受け入れるゲーム」として紹介するまで

中国Net Easeが開発し、日本ではDeNAからリリースされた『永年の七日』というゲームがある。
7日後に滅びる世界で”異能者”を指揮してその運命にあらがい、世界が滅びるたびに1日目にタイムスリップして再び滅びに立ち向かう……いわゆるループものアドベンチャーの要素を入れたシミュレーションRPGだ。
詳細というほどでもないけど、紹介記事は書いたので内容は記事を参考にして欲しい。

このゲーム、核と

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
7

シャニマスの絵って、何がすごいの?プロイラストレーターがわかりやすく教えてくれたのでまとめる。

それは、「シャニマスくんは絵が上手いなぁ」という何気ない感想から始まった……。

これに対して「シャニマスの絵がなんかすごいのはわかるが、どこがうまいのかわからない」と素人並みな感想をしゃべったところ、ゲームキャストのDiscordサーバーにいたイラストレーターのたまかがさん(@tamakaga)が解説してくれたので、ここにまとめる。

以下、何も書いていなければ、たまかがさんの言葉。()内と句読

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
929

プレイヤーがゲームを掌握すると、遊び方をハックし始める:サービス終了ゲームを振り返る外伝

プレイヤー人数が十分に少なく、ゲームのルールに穴があると、プレイヤーたちはゲームを掌握した段階でルールの穴を突き、容赦なくゲームをハックする。
この記事は過疎すぎて平和になってしまったMMO戦争ゲーム『スカイフォートプリンセス(スカプリ)』でも(運営に対して)容赦なく行われたハックについて書いておく。
いわゆる、記事にするときに切り捨てた部分を補完するおまけだ。

さて。この『スカプリ』村にはアリ

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
3

あの頃のAppBankはNo1ゲームメディアだった。嫉妬して嫌いになるほど強かった理由を今、振り返る

この記事は、2008年から2012年までのAppBankがなぜ強かったのかという考察記事になる。後年、AppBankのライターになるのだが、この記事の時期は入社前の時期を外部から見て、メディアとしての勝因を私なり分析したもので、ゴシップなどの期待は抱かないでほしい。
「ゲーム雑誌創成期から現代までの私的ゲームメディア史」から始まり、「ウェブメディアの誕生、まとめさいと4gamerとファミ通と」に続

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
13

ネットメディア誕生と4gamerの台頭、ファミ通クロスレビューの影響 - 私のゲームメディア史

これは、「ゲーム雑誌創成期から現代までの私的ゲームメディア史。ゲーム誌の提供してきた価値と収益を考える」(全編公開)の続きで、ウェブ専門のゲームメディアの登場と、ファミ通ドットコムの敗北などを扱う2000年~2008年ごろの話が主流となる。
私が持っている歴史観からメディアを見つめなおす記事であり、歴史を網羅するものではない(穴の指摘は歓迎だ)。
あと、できるだけ人に聞いたと出せる部分は「聞いた」

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
27

ゲーム雑誌創成期から現代までの私的ゲームメディア史。ゲーム誌の提供してきた価値と収益を考える

この記事は、私が持っている歴史観から歴史を網羅する目的ではなく、
・ゲームメディアが提供してきた価値は何だったのか
・収益源は何だったのか
をまとめて、これからのゲームメディアがどんな価値を提供して生きていくべきかを考えるために書いている。
歴史に関しては十分すぎるほど裏をとってから書こうと思っていたが、この歴史と現在のメディア観に関して、回答を得られるかもしれない幸運なチャンスが巡ってきたので、

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
70

『パズドラ』が出た2012年、最も流行っていたゲームは『なめこ栽培キット』だった

※本記事は単品でも買えますが、月額マガジンに10月加入でも読めるようになります。月額マガジンの詳細についてはこちらから
日本で、最初にスマホゲームの常識を変えたアプリは何か。そう聞かれたら、Beeworksの『おさわり探偵 なめこ栽培キット』を挙げるしかない。このゲームは日本のアプリ市場に不可逆の変化をもたらしたし、その後のスマホゲームメディアのあり方を変えるほどの潜在力を秘めていた。

Beew

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
9

ゲームキャスト有料マガジンの発行と内容についての説明

本日から、ゲームキャストの月額有料のマガジンを配信開始します。基本的に4記事以上を月ごとに執筆し、それらを読めるものとなります。

月額マガジンの登録はこちらから

なぜこういった有料マガジンを発行することになったかと言えば、直接的にはAppleのアフィリエイトが停止して収入源が断たれたことありますが、実際は昔から読者からお金をいただくことを考えていました。
ゲームメディアの役割は、ゲームについて

もっとみる
げーむきゃすと の やるき が 1 あがった!
16