ゲーミングハウス

【家づくり】2-5 そうは問屋が卸さない

土地問題はひとまず解決、あらたなプランで新しいスタートが切れるかと思ったら、そうは問屋が卸さなかった。やっと中ボスを倒したら予期せぬ中ボス2が急に出てきた。ゲームでよくあるパターンです。

そう、マンション住まいの人たちを震撼させた構造計算書偽造問題、いわゆる姉歯事件のせいで建築基準法が改正され、その余波を我が家もモロに食らってしまったのである。な、なんだってー!

現場知らずの「耐震偽装対策」が

もっとみる
おっ わかってますねえ!
4

【家づくり】2-4 憎き都市計画道路

あのころ、親の仇のように憎んでいた都市計画道路…。
寝ても覚めても都市計画道路のことが頭から離れない。都市計画道路のことを考えると胸がドキドキして吐き気がするんですけど?
もしかして、これは恋…?

読者を置いてきぼりにしてしまったのでまずは解説しよう。

都市計画道路とは?
都市計画決定された道路のこと。既存の道路を拡張する予定があるところなどもこれに含む。

うちの場合、建築予定地の目の前がこ

もっとみる
サンキューソーマッチ
2

【家づくり】2-3 僕と契約して秘密基地を建ててよ

掴みからいって紹介された建築家N氏で相性も問題なさそうなので、我々はあっさり契約を交わす決断を下したのであった。その速度、おおよそ2秒。

なお、気になる建築家への報酬は総工費のおおよそ1割とされる。
建築家の仕事というのは、家の設計のみならず、役所への届け出や、施工会社との調整、着工したあとの現場監督への指示など、チョー面倒くさいことがまるっと含まれているのだ。だからウン百万という対価であっても

もっとみる
おっ わかってますねえ!
2

【家づくり】2-2 この建築家、ノリノリである

面白いからこの人にする、と、マッハで返答してしまったので、それから月イチでプロデューサーの事務所へ出向き、建築家を交えて打ち合わせを重ねることになった。(展開がはやい)

ちなみにハウスメーカーは逃してなるものかと度重なる値引き攻勢を仕掛けてきたが、「面白くないんで駄目です」という理由で一蹴してしまった。
営業さん、僕らはそもそも行く場所を間違えていたんです。
本当にありがとうございました。

もっとみる
やったー!
3

【家づくり】2-1 「それ家じゃないですよね?遊び場ですよね?」

建築プロデューサーとは?

曖昧な施主の要望を整理し、めぼしい建築家にアタリをつけ、家が建つまで施主の立場から助言をくれる有り難い存在である。
そう、いきなり建築家といっても特にこの人という希望がなかった我々には救いの神であった。

そのプロデューサーA氏との初打ち合わせ。
最初に家づくりのカルテというものを書かされるのだが、これに記入するのは家族それぞれのライフスタイルや、家に求める機能など。そ

もっとみる
やったー!
2

【家づくり】1-3 そうはいってもハウスメーカーはつまんねぇ

住宅展示場はずるい。

何故かというと、住宅展示場の家はとにかくデカくてインテリアのセンスもよく、生活感皆無で夢いっぱいだからである。

当たり前だ!展示物だからな!

そこへTシャツGパンというラフな格好で現れた我々、いかにも「ドーモ!遊び半分で見に来ました~!」という体だったので、はじめはろくに営業もされなかったのだが、「実は家を建てる土地がありまして」と話してからの食いつきがすごかった。

もっとみる
大吉 道を歩けばお金を拾うでしょう
1

【家づくり】1-2 家ってこんなもの

自分はいずれ中古マンションを購入するか、一生賃貸暮らしでいいや~などと気楽に考えていたのだ。

なにせ実家は築30年を越えるオンボロ団地。
親父は地方から東京に集団就職した世代で、そのころは大都市近郊のベッドタウンのマンモス団地に入居するというのがイケてるライフスタイルだったらしい。

いうても家族5人で団地住まいって狭すぎでしょ!?

同じことを考えたのか、姉は成人するなりさっさと結婚して出てい

もっとみる
大吉 道を歩けばお金を拾うでしょう
7

【家づくり】1-1 えっ なんか家つくることになったんですか?

それは我々が賃貸マンションで毎日ゲームに明け暮れていたときのことである。

同棲1年目にして、義両親から「YOUたち結婚しちゃいなよ」という執拗な後押しをされ、「なんか問題なさそうだし結婚しちまうか」と勢いで結婚までしてしまった我々。だが、元来計画性のないゲーマーなので先のことは何も考えていなかったのだった。

子どもなんて計画すらしていなかったし、毎日なんとなく仕事をして、愉快なイタチたちと遊び

もっとみる
おっ わかってますねえ!
2

【連載中】あるゲーマー夫婦の家づくりの記録

汝、家を建てたいか…?

天啓のように降ってきた有り難いお言葉。
某ブログサービスがいつ破綻してもいいように読み物は分散しておくべきと神はおっしゃられた。
これはとあるゲーマー夫婦が勢いでヘンテコなゲーミングハウスを建ててしまうまでの記録である…。

※下記は連載中に変更になる可能性があります。

第一章:家づくりのきっかけ

1-1 えっ なんか家つくることになったんですか?
1-2 家ってこん

もっとみる
おっ わかってますねえ!

ゲーム依存症とネット依存

某県が推し進めようとしている「依存症対策」。はたして、ゲーム依存というのはどのようなものなのか、ネット依存と並行して考察して行きたいと思います。

 ゲーミングハウスオーナーとしてこの問題は看過できません、無論メンバーには疲れたら休むように促してますし、よほどのことが無い限りオール(24時間プレイ)などは禁忌としています。

 さまざまな文献・動画・記事を読んできた所見を言うならば「自己管理ができ

もっとみる
よければSNSなどに拡散おねがいします!