あずみきし

「お客様は仏様です。」の理念と条例に基づいて私たちの死は処理され、真実は明らかにされる。『死役所』

死んだ後、私たちが向かう場所

私たちは死の先に何があるのか知らない。自らの死後、周縁で何が起こったかを知ることもできない。生と死は連続であると考えることもできれば、完全な「無」であるとも想像できる。「死」は無限の想像性を私たちに持たせる未知の世界である。

本書は、何らかの理由により亡くなった死者が成仏するため、そして、次の道を決めるため、必ず立ち寄らなければならない「死役所」の業務を通じ、死者

もっとみる
ありがとうございます、そしてあなたの好きな漫画も教えてください。
4

22冊目:死役所/あずみきし

こんばんは、Umenogummiです。

今日はこちら。

死役所/あずみきし 作

死んだ人間が成仏するためには様々な手続きが必要で、その手続きを行うのがタイトルにもなっている「死役所」

死んだ人物たちは様々な事情を抱えています。そしてそれは死役所で働く人々も…。

「お客様は仏様です」

を合言葉に、死役所で繰り広げられるヒューマンドラマです。

もっとみる

死役所

試し読みから気になっていた本
「死役所」15巻セット
雨だった日に1日で読んじゃいました(`・ω・´)

この世に存在している
生活に必要な手続きをする場所「市役所」
そこは必要によりあらゆる課に分かれている
人が死んだ後にも成仏の手続きをふむために
訪れる場所があるらしい、、、「死役所」だ
人の死だけそこには様々なドラマがある
そこで働く職員は全員「死刑囚」

面白かったです♪ 
ちょっとグロあ

もっとみる
わ、わたしもスキ、、、(`・ω・´)♡
7

第7回✾小春会✾

-
先週開催しました第7回#読書倶楽部小春日和 の#小春会 のご報告です。
ここ最近の中では一番人数の少ない5人(主催者含む)での開催でしたがその分転々とする話題に対してじっくり話を深めていけた時間でした♫
それでは今回も作品を紹介します❤*
#これからの正義の話をしよう #マイケルサンデル
■相対的な定義について #旧約聖書創世記  (岩波文庫)
■一神教 唯一なる神との出会い #検察側の罪人

もっとみる
\いい1日でありますように/
6

累計120万部
超人気漫画『死役所』のあずみきし先生
からサイン色紙をいただきました!!ありがとうございます。