05_メアリ_スチュアート_撮影_細野晋司_SOB6556_

【劇評162】『メアリー・スチュアート』絶対的な孤独。☆★★★★

 国王ではない。女王の物語である。

 フリードリッヒ・シラー作の『メアリー・スチュアート』(森新太郎演出)は、宮廷の権力がいかに移ろいやすく、儚いものかを描いている。

 スティーブン・スペンダーによる上演台本は、メアリー・スチュアート(長谷川京子)とエリザベス一世(シルビア・グラブ)を軸にすえて、彼女たちをめぐる宮廷の貴族たちの忠誠と変節を嘲笑している。

 ハンサムなレスター伯は、ふたりの愛を弄んでいるかにみえて、決して何も手に入れることが出来ない。
 陰謀家のバーリー(山崎一)は、エリザベス女王の忠臣だが、本当の信頼を得られない。
 サー・ポーレット(山本亨)は、メアリーを守り通そうとするが果たせない。
 タルボット伯(藤木孝)は、メアリーに好意的だが、宮廷人としての知力に欠けている。
  サー・モーティマー(三浦涼介)は、メアリーに愛を捧げ、軟禁状態から救い出そうとするが、自殺に追い込まれる。

 男たちは、自分の思うがままに、ふたりの女王に近づくが、その忠誠も野望も満たされない。
 ならば権力の中枢にいるふたりの女王はどうか。
 彼女たちも自らの権威の保持に追われ、プライドを守ることに汲々としている。権力に座についたとたんに、失うことが怖くなる。権力は、ひとりの人間を孤独に突き落とす。

この続きをみるには

この続き: 403文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
有料記事のほとんどすべてをこのマガジンに投稿します。演劇関係の記事をすべて読みたい方は、このマガジンの定期購入がもっともお得で便利です。有料マガジン「菊之助の春秋」の記事もほぼ含まれています。

長谷部浩のノートです。どんなお芝居を観たら楽しいか。お芝居をもっと楽しむにはどうしたらいいか。歌舞伎や現代演劇を中心とした記事は、ほとんど…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

年々、演劇の正体がどうもよく、わからなくなってきました。だとすれば、たくさん文章を書くことで、ひたすら考えを進めるしかない。そんなやむにやまれぬ気持ちでnoteを始めました。応援をいただければ、暗い道に灯火がさしてくると思います。どうぞよろしく。

希望を語ります!
1
25歳の頃から演劇の評論を書いています。呆れるほど長い時間が過ぎました。書くことは、今も、好きです。コロナウィルスの影響で、さて、どうなるのか、事態を見守るのも批評家の役目かと思っています。 まずはフォローを。