見出し画像

Web小説おすすめ【読んで良かった作品5選】

現在、「小説家になろう」や「カクヨム」、「エブリスタ」といった小説投稿サイトには膨大な数のWeb小説が無料で公開されています。

その中には人気が出て書籍化、漫画化、アニメ化、映画化される作品もあり、その勢いは以前より増しているように感じています。

最近で言うと、アニメ・漫画化された『Re:ゼロから始める異世界生活』、『転生したらスライムだった件』や、映画化された『君の膵臓をたべたい』もWeb小説が原作です。

そんな今熱いWeb小説の中から、個人的に読んで良かったと感じた5作品を紹介していくので、ぜひご覧ください。

作品は紹介文の最後にあるリンクから読みに行くことができます。
全編無料で読めるのでお気軽にどうぞ。

『剣と魔法と就職活動』咲崎

物語の舞台は剣と魔法の世界。この世界では12歳で自分の進路を決めることが一般的となっています。
しかし、主人公のハルミは16歳になっても無職でした。
かつて魔法使いを志したこともありましたが、才能がないことから挫折してしまい、そのまま姉のシェリアの脛をかじりながら無生産な日々を過ごします。

そんな彼が偶然迷子の魔物の少女リリスエルダを助けたことをきっかけに、彼女を連れ、就職するための旅に出ることになるという物語です。

ちょっとヘタレなハルミが旅先での様々な出会いや、強敵との戦いを通じ、次第に成長していく姿は見ていて思わず応援したくなりました。

また、ハルミは極度のいじめられっ子体質であり、老若男女、種族を問わず初対面からなめられてしまいます。
一見戦いには向かなそうな性質の彼ですが、それを逆手にとり、ユニークな魔法を駆使して強敵と渡り合うなど頭脳を使った戦闘も見せてくれます。
ハルミをなめきっている敵に一矢報いる、その瞬間が痛快です!

個人的に続編の『剣と魔法と襲名披露』はさらに熱い物語になっている思ったので、気になった方はこちらもぜひ。

『剣と魔法と就職活動』をエブリスタへ読みに行く

『裾踏物語』もろずみなや

普通の大学生である望月が、裾を踏むことで人をその場に呪縛する力を持つ「裾踏姫」と出会い、鬼との戦いに巻き込まれていくという物語です。

鬼は「冥府の武器」でしか倒すことができませんが、その武器を使うには大きなデメリットがありました。
「冥府の武器」を手にした者の足元には冥府と繋がる泥の門が開き、武器を使って攻撃するとたちまち引きずり込まれ、二度と戻って来れなくなってしまうというものです。

望月はこの自殺装置のような武器で戦うため、「裾踏姫」に攻撃の度に裾を踏んでもらい、冥府へ引きずり込まれないようにしながら戦うという戦法を考えつきます。

そんな厳しい制約の下、望月と「裾踏姫」たちが工夫し、戦略を立て、泥臭く強大な敵と戦う展開が熱いです!
また、物語が進むと、この戦法を昇華させた戦い方をするようになっており、その点も非常にユニークでした。

戦闘以外にも、都市伝説の根源破壊といったミステリ展開や、変態と我儘ばかりの登場人物たちによるギャグ展開、そして「裾踏姫」たちの恋を描いたラブコメ展開など盛りだくさんの内容となっています。

『裾踏物語』をエブリスタへ読みに行く

『サムヒア・ノーヒア』小野崎まち

天才的な絵の才能を持つが、心が弱く、常に生きづらさを感じている零子と、強固な意志を持ち、何者にも影響されない栄一郎という正反対な2人を描いた物語です。

ちゃんと生きたいという想いを抱えながらも、それができない自分を許すことができず、ひたすら絵に救いを求める零子と、そんな彼女を理解できず、苛立ちすら感じてしまう栄一郎のすれ違う様は見ていて切なかったです。

そして様々なことが起き、徐々に変化していく2人がどのような結末を迎えるのかというところが気になる作品でした。

『サムウェア・ノットヒア』という題名で書籍化されており、スピンオフ作品なども出ている人気作です。

『サムヒア・ノーヒア』を小説家になろうへ読みに行く

『異修羅』珪素

世界に恐怖を与え続けた「本物の魔王」は、あるとき何者かによって倒されます。

しかし、いつまで経ってもその何者かの正体が分からなかったことから、「本物の魔王」を倒した「勇者」を決定するトーナメント戦を開催することに。

集まったのはいずれもチート級の強さを誇る最強たち。
そんな彼らによるどちらが勝つか分からないほど白熱した異能バトルと、その裏で繰り広げられる緊迫感のある駆け引きが熱いです!

物語はトーナメント戦のために集まった15人の修羅を中心に描かれています。
それぞれの背景や目的が丁寧に描かれており、いずれも1つの物語の主人公のようで、そんな彼らが一堂に会して戦う展開にはワクワクしかありませんでした。

2019年9月17日より書籍化され販売される予定となっている人気作です。

『異修羅』をカクヨムへ読みに行く

『Re:ゼロから始める異世界生活』長月達平

突然異世界に召喚されてしまった引きこもりの高校生スバルが、様々な事件に巻き込まれ、何度も絶望的な状況に陥りながらも、偶然授かった「死に戻りの力」や駆使し、見知らぬ土地で必死に生きていく物語です。

スバルが事件に巻き込まれ、ひどい目に遭ったり、ときには死んだりしながらも、ようやく解決の糸口を掴みかけたと思ったそのとき、さらなる絶望を上から叩きつけられる、というような展開が続いており、読んでいて胸が痛くなりました。

しかし、その分絶望から抜け出したときの爽快感は途轍もなかったです。やみつきになりました。

書籍化、漫画化、アニメ化もされている人気作です。
2019年11月に映画も公開される予定となっています。

『Re:ゼロから始める異世界生活』を小説家になろうへ読みに行く

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

48
物語が好きです。 最近はマンガばかり読んでいます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。