見出し画像

SDGsを纏う〜アフリカの手と京都の手を繋ぐ会社AFURIKA DOGS

「トーゴ」と聞いて何を思い浮かべますか?

恥ずかしながら、私はトーゴとコンゴの差もわからないくらい(ごめんなさい…)、何ひとつその国のことを知りませんでした。

トーゴは、アフリカを人の頭に例えると、後頭部の下あたり、ガーナの隣に位置する小さな国、世界最貧国のひとつ。日本人は数人しかいません。

このトーゴで織られた布と京都の伝統的な染色技術を繋ぎ、ゆたかな新しい価値を作り上げようとする会社があります。

AFURIKA DOGS 中須俊治さん。

起業のストーリーと今後のプランをグラレコしました。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11


技術が発達し、便利で、清潔で、理性的で、ホスピタリティーに溢れていて…
日本の中にいながら、日本は進んでいると思ってしまう。

でも、その進んだ世界にいる私たちは、
中須さんがトーゴで出会ったマックスのように、
リンチに遭う障害を持つ友人を、体を張って守れるんだろうか。
皆が笑って過ごせる社会を作りたい、という夢を持つひとはどれくらいいるんだろうか。

「アフリカの小さな国の、ひとりの友人との約束を守りたい」

AFURIKA DOGSは
ただその想いひとつで、勤めていた金融機関を退職し、
トーゴに日本人初の法人を立ち上げ、
ひとの持つ豊かさ、手の暖かさを紡ぐ商品を作り上げようとする、走り始めたばかりのアパレル会社です。

服を作り売るだけではない。服を通じて世界観を変える。

SDGsやESG投資の本質を知りたいのならば、AFURIKA DOGSの服を買おう。

そんな時代が本当にくるかもしれないな。

機会があるならば、彼の話に直に触れ、ぜひ話を聞いてほしい。
いつも突っ走っている。何か問題が起こっても、もがきながら全力で立ち向かっていく。

ワクワクして、きっと応援したくなると思います。

★トーゴや京都の職人さんの様子、中須さんの生の想いはこちらの動画が素敵なのでぜひ。

https://vimeo.com/335797718

★中須さん最近note始めたらしい。アツい。

https://note.com/toshiharu_nakasu

この記事が受賞したコンテスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これからも頑張ります!
19
紛争を予防したい、京都の弁護士グラフィッカー。 伝わりにくい情報を、ちょっとでもわかりやすく。 気難しそうな法律や話題を、ビジュアルで一歩でも身近に。 絵を描いてるときと、和菓子いただくときと、ビール飲んでるときが幸せです。