自律神経調整術 森田遼介 はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧師

2021年2月NHK東洋医学ホントのチカラ、4月あさイチ出演。Twitterフォロワー2.8万人。 元気で・若々しく・美しく・健康長寿を目指す為には、日頃から自律神経を整えることが大切です。その分野を得意とするのが東洋医学。圧倒的な臨床数の経験から知識を紹介していきます。

メンバーシップに参加

眠れない、頭痛が辛い、体調不良が続いているという方の手助けをするために「東洋医学をわかりやすく、誰でもかんたんに」というテーマで配信します

ベーシックプラン

¥500 / 月

自律神経調整術 森田遼介 はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧師

2021年2月NHK東洋医学ホントのチカラ、4月あさイチ出演。Twitterフォロワー2.8万人。 元気で・若々しく・美しく・健康長寿を目指す為には、日頃から自律神経を整えることが大切です。その分野を得意とするのが東洋医学。圧倒的な臨床数の経験から知識を紹介していきます。

メンバーシップに加入する

眠れない、頭痛が辛い、体調不良が続いているという方の手助けをするために「東洋医学をわかりやすく、誰でもかんたんに」というテーマで配信します

  • ベーシックプラン

    ¥500 / 月

マガジン

  • 脳卒中の後遺症関連記事

    脳梗塞リハビリセンターに5年勤務している鍼灸・運動スタッフからの情報を発信していきます。

  • 睡眠の質を向上させる1DAYスケジュール セット販売

    「睡眠の質を向上させる1DAYスケジュール」シリーズ+「呼吸の質で睡眠の質が決まる!普段するべき10個のセルフケア」の有料記事9本を含める、全11本を通常であれば2610円のところ、1600円で販売いたします。 一度購入をしてしまえば、今後追加するかもしれない有料記事も見れます。 大変お得な価格となっていますので、是非ご購読いただき睡眠の質を向上させましょう!

  • これから養生をはじめようと思っている方へのスターターセット

    きっとこのマガジンをクリックしていただいた方は、東洋医学の養生(セルフケア)について興味を持っていただいた貴重な方ではないでしょうか。 せっかく興味を持っていただいた方には、是非とも継続してほしいという思いで、最初に知っておくと長期的に継続しやすくなる記事をいくつか用意しました。 ・自律神経って何なのか ・なぜ始めるべきなのか ・継続するためのコツ などを始める前に簡単におさえて置くことで、更にモチベーションへと繋がり長期的に継続することでしょう。 まずは【目次】これから養生をはじめようと思っている方へのスターターセットをご覧ください。

最近の記事

  • 固定された記事

「東洋医学をわかりやすく、誰でもかんたんに」 定期noteはじめます

眠れない日々が続いて辛い 天気が悪い日の頭痛が辛い うつ病が治らずこの先の人生が本当に不安 そんな方をひとりでも手助けするために、 「東洋医学をわかりやすく、誰でもかんたんに」 というテーマで定期購読のnoteを発信していきます その前に、東洋医学が分からない方が多いと思うので簡潔にご説明します 東洋医学はWHOも認める2000年の歴史を持つ医学東洋医学は、主に中国で発展した2000年の歴史を持つ医学です 西洋医学が一般的になった世の中で、東洋医学はまだ未解明

    • 朝起きれないのは気圧のせい!気圧が下がった時の対処法を伝授【人気ツイートを深堀り解説】

      Twitter(@harikyumorita)上で最近インプレッション数(閲覧数)が多かった「朝方に気圧がガクッと下がるときの対策」を深掘りしていきます このツイートは、インプレッションが短期間で21万も伸びましたが、近年「気象病」「寒暖差疲労」など、気圧の乱れからくる不調を訴える人が多くなっていることから反応が多かったからなのでしょう 気圧の不調は自律神経が乱れている証拠!気圧における体調不良は、自立神経が乱れている証拠です 自律神経は、 【興奮・緊張作用の交感神経

      有料
      300
      • 低気圧の頭痛を痛気持ち良い5つのツボで改善する

        頭痛、冷え、身体が重い、だるい、気持ちが落ち込みやすい 分かります。天候が悪い日は頭が痛いですよね。なんだか身体も重くて気持ちもズーンと落ち込みやすいです でもそれは低気圧のせいです。空が暗いからではなく目に見えない気圧が物理的にあなたの身体・脳を圧迫します この低気圧により血流が悪くなり、身体に悪影響が出ます 山にポテチを持っていけば袋がパンパンになりますが、同様に天候が悪い日は、私達の身体にも目に見えない気圧が掛かっているのです この気圧の存在をしっかりと認知し

        有料
        300
        • 皮膚トラブルの原因は肺と大腸?ひとりで改善できるセルフケアを紹介

          肌寒くなってきましたね。今年は気圧差と寒暖差が激しく、例年よりも寒い日が多いので不調全般に悩む人も多いことでしょう

          有料
          300

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 脳卒中の後遺症関連記事
          自律神経調整術 森田遼介 はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧師
        • 睡眠の質を向上させる1DAYスケジュール セット販売
          自律神経調整術 森田遼介 はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧師
          ¥1,600
        • 睡眠の質を向上させる1dayスケジュール
          自律神経調整術 森田遼介 はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧師
        • これから養生をはじめようと思っている方へのスターターセット
          自律神経調整術 森田遼介 はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧師

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 記事は8か9の付く日に更新します

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 記事は8か9の付く日に更新します

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          朝起きれないのは気圧のせい!気圧が下がった時の対処法を伝授【人気ツイートを深堀り解説】

          「ベーシックプラン」に参加すると読めます

          Twitter(@harikyumorita)上で最近インプレッション数(閲覧数)が多かった「朝方に気圧がガクッと下がるときの対策」を深掘りしていきます このツイートは、インプレッションが短期間で21万も伸びましたが、近年「気象病」「寒暖差疲労」など、気圧の乱れからくる不調を訴える人が多くなっていることから反応が多かったからなのでしょう 気圧の不調は自律神経が乱れている証拠!気圧における体調不良は、自立神経が乱れている証拠です 自律神経は、 【興奮・緊張作用の交感神経

          有料
          300

          低気圧の頭痛を痛気持ち良い5つのツボで改善する

          「ベーシックプラン」に参加すると読めます

          頭痛、冷え、身体が重い、だるい、気持ちが落ち込みやすい 分かります。天候が悪い日は頭が痛いですよね。なんだか身体も重くて気持ちもズーンと落ち込みやすいです でもそれは低気圧のせいです。空が暗いからではなく目に見えない気圧が物理的にあなたの身体・脳を圧迫します この低気圧により血流が悪くなり、身体に悪影響が出ます 山にポテチを持っていけば袋がパンパンになりますが、同様に天候が悪い日は、私達の身体にも目に見えない気圧が掛かっているのです この気圧の存在をしっかりと認知し

          有料
          300

          皮膚トラブルの原因は肺と大腸?ひとりで改善できるセルフケアを紹介

          「ベーシックプラン」に参加すると読めます

          肌寒くなってきましたね。今年は気圧差と寒暖差が激しく、例年よりも寒い日が多いので不調全般に悩む人も多いことでしょう

          有料
          300

          旬の食材をいただくことが最高の薬膳効果を生む

          「ベーシックプラン」に参加すると読めます

          「食養生」という言葉を聞いたことはありますか? 自己回復力を整えることを「養生」と言いますが、この養生には「食養生」「体養生」「心養生」と3つに分かれます その中でも食養生は、食べ物を通して自己回復力を整えようという考え方なんです! 「最近、身体の調子が悪い気がするなー」 そんな気がする方は、食に気を使えば自己回復力が整うかもしれません 特に今回は、「旬の食」をメインにお話していきます! 気・血・津液が身体を形成する 秋の旬の食材はこれ! それではまず最初に気

          有料
          300

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          旬の食材をいただくことが最高の薬膳効果を生む

          「食養生」という言葉を聞いたことはありますか? 自己回復力を整えることを「養生」と言いますが、この養生には「食養生」「体養生」「心養生」と3つに分かれます その中でも食養生は、食べ物を通して自己回復力を整えようという考え方なんです! 「最近、身体の調子が悪い気がするなー」 そんな気がする方は、食に気を使えば自己回復力が整うかもしれません 特に今回は、「旬の食」をメインにお話していきます! 気・血・津液が身体を形成する 秋の旬の食材はこれ! それではまず最初に気

          有料
          300

          30代から衰え始める勃起力、一つのツボを使って改善・維持しよう

          少々過激な題名となりましたが、どうせ書くのであれば検索に引っかかる方が良いと思いストレートな文言を選びました。 最近相談で多い「30才を過ぎてから勃起の力が衰えた気がする、何か良い方法はないですか?」という質問に対する答えを、noteでまとめて欲しいという声が多かったのが今回書くきっかけです。 同時に、 ・薬やサプリなどは使いたくない ・健康を保ちながら改善したい ・大変な筋トレ以外で改善したい という要望がありました。 確かに下半身の大きな筋肉を鍛えるのも改善方法の一

          有料
          500

          午の刻 11:00-13:00 「心」の時間とは

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          入眠に向けて徐々に深部体温を下げるための心得(陰の消耗で出てくる症状とは)

          15:00-17:00膀胱の時間では、できるだけ体の水分を外に発散させることが大切であり、トイレや汗をかくことを心がけましょうと紹介させていただきました。※詳しく知りたい方はコチラ(無料)をご覧ください。 そして、その後の17:00-19:00腎の時間帯はどんなことに気をつけると睡眠の質が向上するのか、特に寝付きが良くなるのかを今回は紹介していきます。 結論から伝えますと、寝付きには深部体温が夕方から徐々に下がることが大切であり、少しずつ活動を抑える工夫が大切なのです。

          有料
          290

          「呼吸の質=睡眠の質」普段から気をつける5つのセルフケア

          題名の通り、安定した呼吸でリラックスモードの副交感神経が優位になり、血行が良くなって睡眠の質も向上します。 「寝る前に深く息を吸ったり吐いたりすると、気持ちが落ち着いて自然と眠れる」「ストレスを感じても、深呼吸をするとその間は呼吸に集中できて嫌なことを忘れられる」こう言った声も少なくありません。 呼吸と睡眠は密接に関係しているのです。 今回の記事では、呼吸に関する内容を東洋医学、運動学の観点からできるだけ分かりやすく書いていきますので、興味のある方はご購読ください。

          有料
          290

          間違えると危険!寝違えやギックリ腰になったときの応急処置を徹底解説

          「寝違えやギックリ腰をしました!」と鍼灸院へ来院する人の中で、冷やす・温めるなど発症直後の対応の仕方が間違っている人が多いので今回は書いていきます。 最初の対処を間違えると、症状の悪化や治癒までに時間がかかってしまうため抑えておくべきところです。 寝違えやギックリ腰などの急性症状は、内出血や熱が発生するため、最初の応急処置次第で経過が大きく変わってしまいます。(急性症状の初期対応は他にも捻挫や骨折、〇〇炎と付く症状も同様) 正しい初期対応をし、できるだけ早く再発をしない

          有料
          290

          腰コルセットは使い方によって腰痛予防にも使える!おすすめの種類と正しい付け方をご紹介

          腰痛持ちの方もそうでない方も、コルセットは一家に一つ用意しておきましょう。 なぜなら重たいものを持つときや、調子が悪くなりそうなときに事前に付けることで負担を最小限にして予防ができるからです。 腰は症状を比較的我慢できてしまう部位ですので、この負担を最小限にすることが非常に大切になります。 痛めた後も活躍しますので、これから私が20年間30種類以上試してきた中から特におススメなコルセットを紹介させていただきます。 1.ダイヤ工業 bonbone バリアツイストカラーメ

          「お尻ズルズル座り」は極力やめてほしい理由を徹底解説

          普段の姿勢って本当に大事ですよね。 姿勢が悪いとお腹の深い筋肉(インナーマッスル)が知らないうちに働きづらくなり、無意識に疲れやすい体や内臓の働きを悪くしてしまいます。 その中でもとくに私が良くないと思う姿勢が「お尻ズルズル座り」 お尻が前へズルズルいってしまう座り方は本当に体に悪いので極力控えましょう。 今回はその理由を中心に説明していきます。 1.「お尻ズルズル座り」は極力やめてほしい理由 「お尻ズルズル座り」を極力やめてほしい理由を順に説明していきます。

          肩こり改善!気をつけるべき悪い生活習慣6選とおすすめのセルフケア6選をご紹介

          以前Twitterで「普段から肩こりの自覚がある人はどのくらいいらっしゃますか?」という質問を投げかけ、投票にご協力いただきました。ありがとうございます。 結果はなんと、 ・いつも自覚を感じている:60.1% ・ときどき感じる:32.1% 合わせて92.2パーセントの人が肩こりに悩んでいたのです! これは極端に多い数字です。 ホームページのブログに「これでおさらば!肩こりを根本的に改善ができる鍼灸治療」という記事を書きましたが、来院される患者様向けに書いた記事なので

          有料
          290

          まだまだ知られていない早く気づいたもん勝ち!人生を豊かにする「自律神経」の重要性

          今回はめちゃくちゃ大事なことを書きます。Twitterで書いても反応が薄いことが多いので140文字では内容が足りなく、また江戸時代以降どっぷり西洋医学に染まってしまった我が国では、まだピンとこない問題なのだとも思っています。 軽い風邪や筋肉のコリ程度でも薬や湿布を多用してしまう人が多いですよね。 ですが、SNSなどで東洋医学系の内容を発信している者の心中には、自律神経の重要性を「早く気がついてほしい!」と思っている人がほとんどでしょう。 「まだ一般の方にはハードルが高い

          健康にも美容にも老化防止にも超重要!寝るべき時間帯に寝る理由を西洋医学と東洋医学的な考えから解説

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          夜食は腸内環境を悪化させる!睡眠との関係性とは

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます