村上誠【貼り箱のブレンダー】

村上紙器工業所代表 貼り箱(はりばこ)という化粧箱で、企業ブランディングをお手伝いしています。パッケージは企業と顧客をつなぐ大切なコンタクトポイントであり、重要なブランド体験を生みます。/20代にワーキングホリデーでカナダ・バンクーバーに1年半在住/元保育士/元NHKテレビ技術者

物はパッケージに出会って、はじめて商品になる。

先日、あるデザイナーの方からお聞きした言葉です。 何でも、佐治敬三氏が言葉だとか。 商品パッケージ・貼り箱をつくる者からすると、すごく素敵な言葉です。 言われる通…

開封というユーザー体験から考えるパッケージデザイン

またもやアップルのパッケージングの話になりますが(笑)、アダム・ラシンスキー(フォーチュン誌記者)氏の著書で、Appleの内情を描いた「インサイド・アップル」で驚く…

コストが掛かり過ぎているiPhoneパッケージの意味とは?

初代iPhoneの発売のときあのパッケージデザインは、あまりにもコストが掛かり過ぎるとアップル社内の全員が反対したといわれます。ただ、1人を除いて..…。 そう。唯一ス…

パッケージは、感情を揺さぶることが出来るのか。

広告、映画、プレゼンテーション…..、そして商品パッケージ。 すべての最終目的は、相手の感情を揺さぶることができるのかどうか。決して、相手に説明や理解をさせること…

箱に込められた知恵と技術を探求する“包学部”はじまりました。

大阪パッケージアカデミーがお送りするポッドキャスト、“包学部“をはじめました。 “包学部“は、商品パッケージや箱、包むことにまつわる知恵や技術、文化性について掘…

単なる包装資材ではない、商品パッケージの「意味」とは?

商品のパッケージ/化粧箱というと、カテゴリーとしては包装資材です。つまり、使う企業からするとコストです。 コストなら当然、いかに安くするかを考えます。 たとえ1円で…