苦手なことを逆手にとって自分に合った会社を見つける
見出し画像

苦手なことを逆手にとって自分に合った会社を見つける

なかなか面接が受からないからといって、「自分はダメなんだ」と思わないでほしい。

何度も落ちると、全人格を否定されたような気持ちになるけど、そうじゃない。

ただ、その会社に合わなかっただけ

「合わない会社に入らなくてよかった」と考えればいい。


例えば、面接で簡潔に話すのが苦手な人がいる。

短い時間でどれだけ自分のことを伝えられるか。

採用の可否に影響するポイントだから、簡潔に話す、短い時間で効果的に伝える練習は必要。

でも、苦手なものは苦手。どんなに練習しても難しいこともある。


というのも、実は私も、簡潔に話す・書くことが苦手。

話がどんどん広がって、何の話してるんだっけ??と分からなくなることがよくある。

それが、少しは改善したかなと思うのは、6年間ブログを書き続けたから。

時間と量をかけて、少しはできるようになった。

そう考えると、就活や転職活動の短い期間で、苦手を克服するのはほんとに難しいと思う。

だから、あまり自分を責めないでほしい。


だったら、面接はどうするか。

自分は簡潔に話すのが苦手だと認識しておくこと。

少なくともよく聞かれる質問(自己PR、志望動機)は簡潔に話せるよう練習しておくこと。

あとは、普段の自分で質問に答え、企業がどう判断するか。自分ではどうしようもないことだから相手に委ねる


簡潔に話せないことで、うちの会社には合わないと判断されるならしょうがない。

だって、それはできないことだから。むしろ入社しなくて良かったということ。

反対に、時間をかけて丁寧に話を聞いてくれる会社なら、相性がいいということ。実際、1~2時間かけて面接をやる会社もある。

そういう会社なら、入社後も丁寧なコミュニケーションで仕事ができるんじゃないかと考えることもできる。


苦手なことを逆手にとれば、きっと自分に合った会社に辿り着きます!



◇◇◇

「心のモヤモヤ誰かに聞いてほしい」という方に、転職キャリア相談を行っています。詳しいことお知りになりたい方はこちらをどうぞ>>>ハッピーキャリアLab.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです♪
私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。