キャリアの棚卸しは何のため?
見出し画像

キャリアの棚卸しは何のため?

キャリアの棚卸しって防災グッズのようなものだと思う。

普段何も起こらなければ意識しない。困らない。

でも、準備してないと、いざという時に慌ててしまう。

予め準備しておけば、すぐに行動できる。

そして、一度準備したら終わりではない。定期的に見直しも必要。


何が起きるか分からないから備えが必要なんだけれど、

その「何か」って、

どちらかというと、悪い意味合いのほうが強いと思う。

でも、キャリアでいう「何か」は、悪いことばかりじゃない。

いいことが起きるかもしれないのだ。


例えば、社内で考えるなら、

希望部署への配属を自己申告できる制度ができるかもしれない!

キャリアの棚卸しをしていれば、自分のアピールポイントもすぐわかって、

「私はこんな強みがあります。希望部署の仕事で力を発揮できます!」と自信を持って手を挙げることができる。


もう一つ例を挙げると、

ずっとやりたいと思っていた仕事があったとして、

ある日突然「未経験者OK」の求人が出るかもしれない!

そしたら、キャリアの棚卸しをもとに、すぐに応募書類を作成して応募できる。


定期的なキャリアの棚卸しは何のためにやるか。

それは、何か起きた時のために備えておくのと、

チャンスが訪れた時すぐに行動に移せるようにするためだ。

やらなくても困らないけど、

やっておくと、いつかきっと役に立ちます!


◇◇◇

「心のモヤモヤ誰かに聞いてほしい」という方に、転職キャリア相談を行っています。詳しいことお知りになりたい方はこちらをどうぞ>>>ハッピーキャリアLab.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです♪
私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。