自分らしく働ける会社か見分けるポイント
見出し画像

自分らしく働ける会社か見分けるポイント

「転職回数が多いと不利ですよね?」
「40歳過ぎたら転職は難しいですよね?」

転職するか悩んでいる人からよく聞かれます。


残念ながら、転職回数や年齢で判断する会社はあります。

が、少し考えてみてほしいのです。

少子高齢化で毎年労働人口は減っています。

年齢、性別、転職回数といった属性で選別していたら人は集まりません。会社は成り立たなくなります。

そのことを理解せず、応募者を属性で判断するような会社は入らないほうがいい、と私は思います。

色眼鏡で見るような会社はこちらからお断りです!


応募者を人物本位で見ないということは、おそらく社員に対しても、

個性を活かした業務分担、チーム作り、人材育成は行われていないと思います。


多様性を受け入れ一人ひとりが個性を発揮できる環境を整える。そんな企業がこれからの時代は生き残っていきます。


自分らしく働ける会社か見分けるポイントは、

採用面接で、人物本位でしっかり話を聞いてくれる会社かどうか。

この人のイイところはどこだろう?
うちの会社で活かせそうかな?

応募者のイイところを引き出そうと話を聞いてくれる会社なら、個性を発揮して自分らしくいきいき働けるはずです!


◇◇◇

「モヤモヤを誰かに聞いてほしい」という方に、転職キャリア相談を行っています。私は整理することが得意です。詳しいことお知りになりたい方はこちらをどうぞ>>>ハッピーキャリアLab.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです♪
私立大学職員20年→フリーランス。キャリアコンサルタントが綴る自分らしい生き方・働き方を叶えるためのヒント。就職/転職サポートの現場で感じること。