見出し画像

はじまりの場所

国内2箇所目となるNOT A HOTEL AOSHIMAの概要とパースを本日公開させて頂きました。僕の生まれ育った宮崎という事もあり、特別な想いのこもった場所です。

画像1

宮崎空港から約15分、年間100万人が訪れる青島神社。その参道から海沿い5500坪の敷地に、レストランやプール、ホテルなどが一帯となって、AOSHIMA BEACH VILLAGEとして来年春に開業します。その敷地の一部にNOT A HOTEL AOSHIMAを展開させて頂く事になりました。

画像5

実はNOT A HOTEL が入居するこのAOSHIMA BEACH VILLAGEも、何を隠そう僕が発起人の会社です。遡る事2017年、前職時代に宮崎市が主催するプロポーザルに応募し、見事採択されたのがきっかけです。

画像2

なぜ応募したか?ですが、当時はNOT A HOTEL の構想なんて全くありませんでした。あったのは地元宮崎を盛り上げたいという気持ちだけで、アラタナやZOZOの創業メンバーで資金を出し合い、本業の傍ら素人ながらに企画してはじめたプロジェクトでした。そこからは苦難の連続で、2019年末に地鎮祭を既にしていたところにコロナがやってきました。その後僕はZOZOグループを卒業し、次にやる事業の構想を練りつつ、この宙に浮いた青島プロジェクトで頭を悩ませる事に。

プロジェクトは、コロナ禍で融資がなかなかつかない絶望的な状況でした。それでも地元宮崎の方達が自慢できるホテルをつくりたい。。何かいい方法はないかと考え続けた結果、
オーナーに直接販売し、未使用時にホテル運営をする
というNOT A HOTEL のビジネスモデルに行き着きました。これで今までなかったホテルがつくれる、とネガティブな状況から一変、前に進みはじめたのです。先日ティザーサイトで発表した栃木や全国複数箇所にNOT A HOTELをつくっていくことに。(※青島は国定公園内の為、施設利用権の販売を想定しています)

画像3

画像4

そしてようやく本日、この青島プロジェクトとNOT A HOTEL  AOSHIMAを発表できる事をとても嬉しく思っています。6部屋のみですが、やりたいことを全て詰め込んだ感慨深い家になっています。
デザインはSaturdays NYCやNEIGHBORHOODの店舗デザインから住宅まで幅広く手がけられているGENERAL DESIGNの大堀さん。長い期間にわたって試行錯誤頂き本当に感謝しかありません。

僕が生まれ育った大好きな場所、
そしてNOT A HOTELにとってのはじまりの場所。
オープンはいよいよ来年の春、是非楽しみにしていてください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
128
NOT A HOTEL株式会社 代表取締役。 アラタナ(現ZOZO)創業者。2015年、M&AによってZOZOグループ入り。ZOZOテクノロジーズ取締役を務めた後、2020年4月1日、NOT A HOTEL株式会社を設立。1983年宮崎生まれ。