はじまりの美術館

2014年福島県猪苗代町に開館した小さな美術館。築約140年の大きな酒蔵(十八間蔵)をリノベーションし、「人の表現が持つ力」、地域やコミュニティの「人のつながりから生まれる豊かさ」に視点を置き、「誰もが集える場所」として様々な展示やイベントを実施しています。

はじまりの美術館

2014年福島県猪苗代町に開館した小さな美術館。築約140年の大きな酒蔵(十八間蔵)をリノベーションし、「人の表現が持つ力」、地域やコミュニティの「人のつながりから生まれる豊かさ」に視点を置き、「誰もが集える場所」として様々な展示やイベントを実施しています。

    マガジン

    • 展覧会に行ってみよう!

      障がいのある方もない方も、展覧会や文化施設になかなか行く機会がなかった方へ向けて、文化施設利用のヒントをご紹介します。 また、障がいのある方もない方も参加しやすい展覧会や文化施設の情報などをお知らせする予定です。

    • 障がいのある方の表現活動に関する研修

      はじまりの美術館で開催する研修会やイベントなどの情報をお知らせします。主に、障がいのある方の表現活動を支援するご家族や施設職員、また関心のある方を対象に、著作権等の権利保護や、作者との関わり方などをテーマとする予定です。

    • 障がいのある方の表現活動に関する情報

      福島県内や全国での障害のある方の表現活動に関する情報をお知らせいたします。各地で開催される展覧会の他、オンラインなどでも参加可能なイベントなどをご紹介予定です。 また、どなたでもご応募いただける作品募集や、障害のある方を対象にした公募展などの情報をもお知らせします。作品募集の紹介は福島県内で実施されるものが中心となります。

    ストア

    • 商品の画像

      「どうしよう」からはじめるアーカイブ -作品を記録し、伝える方法-

      みずのき美術館(京都)、鞆の津ミュージアム(広島)、はじまりの美術館(福島)の3つの美術館が、障害者支援の現場で日々生み出される表現をどのように保存・記録したら良いかを考え、取り組んだ「デジタルアーカイブ」を紹介する本を発行しました。   ================= ■概要 「どうしよう」からはじめるアーカイブ -作品を記録し、伝える方法- 監修:須之内元洋(札幌市立大学デザイン学部講師、メディア環境学) 著者: 奥山理子+武田幸子+阪本結 [みずのき美術館] 津口在五+三宅良子 [鞆の津ミュージアム] 岡部兼芳+大政愛 [はじまりの美術館] 編集:佐藤恵美、はじまりの美術館 デザイン:chicholos イラストレーション:ふるやまなつみ 印刷:有限会社国宗 発行:みずのき美術館+鞆の津ミュージアム+はじまりの美術館 助成: 日本財団 サイズ:A5 ページ数:全80ページ   ================= アーティストではなくても、日々私たちは表現をしています。絵を描いたり、話したり、歌を歌ったり、日記をつけたり。こうした表現の数々を「どのようにアーカイブしたらいいだろう」という問いからこの本は生まれました。 作品の整理や管理の方法、初級編と上級編の撮影方法、ウェブサイトのつくりかたなど、デジタルアーカイブの一連の流れをイラストや写真とともに紹介。札幌市立大学デザイン学部講師・須之内元洋氏の監修により、技術的な内容にも触れた1冊です。    ◇   [内容] Chapter I 作品を整理しよう!  1. 目的と方針を決める  2. 対象を決める  3. チームをつくる  4. 情報の調査をする  5. 作品の管理をする  6. 作者から同意を得る Chapter II デジタルアーカイブをつくろう!  7.作品の画像データを用意する  8. 撮影した画像を加工する  9. データ管理環境を整える  10. サイトのデザインを考える  番外編:アーカイブを活用する そのほか、監修者の須之内元洋氏による論考「アーカイブとは何か」や実際のアーカイブに取り組んだ障害者支援施設で働くスタッフの座談会、美術館スタッフの論考などを掲載。     [監修者プロフィール] 須之内元洋(すのうち・もとひろ) 1977 年生まれ。札幌市立大学デザイン学部講師。ソニー株式会社、サイボウズ・ ラボ株式会社勤務を経て現職。メディア環境学、情報科学、音の環境学の分野で 研究を行うほか、デジタル・アーカイブをはじめとした各種デジタルメディアの設計・開発、メディア・アートの実践を行う。
      550円
      はじまりの美術館online shop
    • 商品の画像

      ふくしま馬搬ネット Tenugui(手ぬぐい)

      福島県本宮市にある社会福祉法人 安積愛育園 「多機能支援センター ビーボ」のウーニコメンバーたちの作品が、手ぬぐいになりました! サイズ:約900mm×340mm 本体:綿100% (インドオーガニックコットン50%、トルコオーガニックコットン40%、福島で有機栽培された備中茶綿10%) 製造元:株式会社起点 KITEN CO.,Ltd. 福島県いわき市好間町中好間字川原子作12-1 ふくしまオーガニックコットンプロジェクト MADE IN JAPAN FUKUSHIMA ===================== ■ふくしま馬搬ネットとは: ふくしま馬搬ネットは、阿武隈地域の南部の古町に本部を置く団体です。 福島県石川郡古殿町で、大型の輓馬「フルード号」による馬搬(ばはん)や、馬車運行、ふれあい事業を営んでいるNPO 馬事振興会を中軸に、林業の老舗の水野林業や、生協パルシステム福島、福島大学(農林資源経済学研究室)が協力して発足した団体です。福島の森と人と馬の共生を目指して、馬搬の見学交流会、森づくり・木材普及などの活動を続けています。当会の活動には、パルシステム生協連合会の「地域づくり基金」の助成をいただいています。 このオリジナル手ぬぐいは、当会の活動の象徴になるものとして、賛同していただく皆様にご愛用いただきたいと思います。デザインは安積愛育園「unico」(ウーニコ)、製作は株式会社起点「SIOME」(しおめ)のご協力によります。 ■ウーニコとは: ウーンコは社会福祉法人安積愛育園の創作活動支援プロジェクトです。作品の商品化ゃ 展覧会の開催などを通して、メンバーと社会をつなぐ活動を行っています。 https://hajimari-archives.com/ ■KITENとは: 株式会社起点は、いわき市を拠点に綿花の有機栽培を行い、それらを原料として“循環と機能美”を掲げたオーガニックコットンブランド「SIOME」を展開しています。 http://kiten.organic/siome.html ===================== <お取り扱いの注意> ・使い始めは色落ちがありますので、ぬるま湯での手洗いをおすすめします。 ・水分を含むと他のものに色移りすることがあります。 ・濡れたままでの放置はおやめ下さい。 ・洗濯の際は他のものと分けて手洗いして下さい。 ・浸け置きや蛍光増白剤入り洗剤のご使用はお避け下さい。 仕様・お手入れについて: 注染加工をしていますので、にじみやかすれなどが生じます。生地中の黒粒 はコットンの枯葉や萼が残ったものですので、品質上の問題はございません。 両端のほつれは小まめに切り揃えることで収まっていきます。 ※こちらの商品は、実店舗(はじまりの美術館)でも販売を行なっている為、タイミングによっては売り切れになる場合がございます。在庫切れの商品をご注文いただいた場合、ご連絡の上、注文をキャンセルさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
      1,500円
      はじまりの美術館online shop
    • 商品の画像

      「どうしよう」からはじめるアーカイブ -作品を記録し、伝える方法-

      みずのき美術館(京都)、鞆の津ミュージアム(広島)、はじまりの美術館(福島)の3つの美術館が、障害者支援の現場で日々生み出される表現をどのように保存・記録したら良いかを考え、取り組んだ「デジタルアーカイブ」を紹介する本を発行しました。   ================= ■概要 「どうしよう」からはじめるアーカイブ -作品を記録し、伝える方法- 監修:須之内元洋(札幌市立大学デザイン学部講師、メディア環境学) 著者: 奥山理子+武田幸子+阪本結 [みずのき美術館] 津口在五+三宅良子 [鞆の津ミュージアム] 岡部兼芳+大政愛 [はじまりの美術館] 編集:佐藤恵美、はじまりの美術館 デザイン:chicholos イラストレーション:ふるやまなつみ 印刷:有限会社国宗 発行:みずのき美術館+鞆の津ミュージアム+はじまりの美術館 助成: 日本財団 サイズ:A5 ページ数:全80ページ   ================= アーティストではなくても、日々私たちは表現をしています。絵を描いたり、話したり、歌を歌ったり、日記をつけたり。こうした表現の数々を「どのようにアーカイブしたらいいだろう」という問いからこの本は生まれました。 作品の整理や管理の方法、初級編と上級編の撮影方法、ウェブサイトのつくりかたなど、デジタルアーカイブの一連の流れをイラストや写真とともに紹介。札幌市立大学デザイン学部講師・須之内元洋氏の監修により、技術的な内容にも触れた1冊です。    ◇   [内容] Chapter I 作品を整理しよう!  1. 目的と方針を決める  2. 対象を決める  3. チームをつくる  4. 情報の調査をする  5. 作品の管理をする  6. 作者から同意を得る Chapter II デジタルアーカイブをつくろう!  7.作品の画像データを用意する  8. 撮影した画像を加工する  9. データ管理環境を整える  10. サイトのデザインを考える  番外編:アーカイブを活用する そのほか、監修者の須之内元洋氏による論考「アーカイブとは何か」や実際のアーカイブに取り組んだ障害者支援施設で働くスタッフの座談会、美術館スタッフの論考などを掲載。     [監修者プロフィール] 須之内元洋(すのうち・もとひろ) 1977 年生まれ。札幌市立大学デザイン学部講師。ソニー株式会社、サイボウズ・ ラボ株式会社勤務を経て現職。メディア環境学、情報科学、音の環境学の分野で 研究を行うほか、デジタル・アーカイブをはじめとした各種デジタルメディアの設計・開発、メディア・アートの実践を行う。
      550円
      はじまりの美術館online shop
    • 商品の画像

      ふくしま馬搬ネット Tenugui(手ぬぐい)

      福島県本宮市にある社会福祉法人 安積愛育園 「多機能支援センター ビーボ」のウーニコメンバーたちの作品が、手ぬぐいになりました! サイズ:約900mm×340mm 本体:綿100% (インドオーガニックコットン50%、トルコオーガニックコットン40%、福島で有機栽培された備中茶綿10%) 製造元:株式会社起点 KITEN CO.,Ltd. 福島県いわき市好間町中好間字川原子作12-1 ふくしまオーガニックコットンプロジェクト MADE IN JAPAN FUKUSHIMA ===================== ■ふくしま馬搬ネットとは: ふくしま馬搬ネットは、阿武隈地域の南部の古町に本部を置く団体です。 福島県石川郡古殿町で、大型の輓馬「フルード号」による馬搬(ばはん)や、馬車運行、ふれあい事業を営んでいるNPO 馬事振興会を中軸に、林業の老舗の水野林業や、生協パルシステム福島、福島大学(農林資源経済学研究室)が協力して発足した団体です。福島の森と人と馬の共生を目指して、馬搬の見学交流会、森づくり・木材普及などの活動を続けています。当会の活動には、パルシステム生協連合会の「地域づくり基金」の助成をいただいています。 このオリジナル手ぬぐいは、当会の活動の象徴になるものとして、賛同していただく皆様にご愛用いただきたいと思います。デザインは安積愛育園「unico」(ウーニコ)、製作は株式会社起点「SIOME」(しおめ)のご協力によります。 ■ウーニコとは: ウーンコは社会福祉法人安積愛育園の創作活動支援プロジェクトです。作品の商品化ゃ 展覧会の開催などを通して、メンバーと社会をつなぐ活動を行っています。 https://hajimari-archives.com/ ■KITENとは: 株式会社起点は、いわき市を拠点に綿花の有機栽培を行い、それらを原料として“循環と機能美”を掲げたオーガニックコットンブランド「SIOME」を展開しています。 http://kiten.organic/siome.html ===================== <お取り扱いの注意> ・使い始めは色落ちがありますので、ぬるま湯での手洗いをおすすめします。 ・水分を含むと他のものに色移りすることがあります。 ・濡れたままでの放置はおやめ下さい。 ・洗濯の際は他のものと分けて手洗いして下さい。 ・浸け置きや蛍光増白剤入り洗剤のご使用はお避け下さい。 仕様・お手入れについて: 注染加工をしていますので、にじみやかすれなどが生じます。生地中の黒粒 はコットンの枯葉や萼が残ったものですので、品質上の問題はございません。 両端のほつれは小まめに切り揃えることで収まっていきます。 ※こちらの商品は、実店舗(はじまりの美術館)でも販売を行なっている為、タイミングによっては売り切れになる場合がございます。在庫切れの商品をご注文いただいた場合、ご連絡の上、注文をキャンセルさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
      1,500円
      はじまりの美術館online shop
    • もっとみる

    最近の記事

    固定された記事

    福島県障がい者芸術文化活動支援センター はじまりの美術館

    はじまりの美術館は、2019年度より福島県障がい者芸術文化活動支援センターとして活動をはじめました。 これまでの展覧会やプロジェクトなどの活動に加えて、福島県内の障がいのある方々が自分らしく表現活動を行えるよう、障がいのある方の表現活動にかかわるみなさんと一緒に悩み・考え、研修会や相談・発信などの事業にも、より力を入れて参ります。 本事業の一環として、こちらのnoteでも様々な発信を行います。分野ごとのマガジン形式で、見に来た方がより目的にあった情報にアクセスしやすい構成

    スキ
    16
      • はじまりの美術館への行き方! ー駐車場などのご案内ー

        はじまりの美術館は現在、感染症対策をとりながら通常開館をしております。ご来館時のご予約等は不要です。 受付時に、「①手洗い または アルコール消毒」「②検温のご協力」「③連絡先(日時・代表者氏名・連絡先電話番号・人数)のご記入」など、感染症対策へのご協力をお願い致します。 詳細はこちらをご覧ください。 火曜日が休館日の他、展覧会と展覧会の間の期間は「展示入れ替え休館」がございます。事前にはじまりの美術館ホームページで開館状況をご確認のうえご来館いただくよう、お願いいたしま

        スキ
        4
        • 企画展「日常をととのえる」開催中!

          はじまりの美術館では、2022年4月16日から7月3日までの期間、企画展「日常をととのえる」を開催しています! 日常のなかにある何かをととのえることで、そのなかの変化を促すような表現や活動をする6組の作家を紹介します。 出展作家・秋田公立美術大学 粘菌研究クラブ 2020年5月に発足。自然豊かな秋田を拠点としながら、粘菌(変形菌、真正粘菌)という動物、植物、菌類どれにも所属しない不思議な生物を採集・観察し、新しい表現の方法を模索している。学年や教職員の壁を超えて、また芸

          スキ
          6
          • きになる⇆まちなか美術館 @いわき市 平エリア

            はじまりの美術館では、お店などを営む人たちに「きになる⇆ひょうげん2021」からご自身のきになる作品を選んでいただき、お店に飾ってもらう「きになる⇆まちなか美術館」を実施します。 今年はいわき市平エリアの方々を対象に、きになる作品を選んでいただきました! 8つの会場で、22作家・33作品を2022年3月21日まで展示しています。 ぜひきになる⇆ひょうげんを軸に、まちを巡ってさまざまな表現やひとに出会ってみてください。 また、会場に直接伺うことが難しい方にも向けて、今回は

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 展覧会に行ってみよう!
            はじまりの美術館
          • 障がいのある方の表現活動に関する研修
            はじまりの美術館
          • 障がいのある方の表現活動に関する情報
            はじまりの美術館
          • けんじの日記
            はじまりの美術館
          • プレイバック!はじまりの美術館
            はじまりの美術館
          • 障がいのある方の表現活動に関する相談・質問
            はじまりの美術館

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「きになる⇆まちなか美術館@いわき市 平」 参加店舗募集!

            はじまりの美術館では、2017年より福島県から委託を受けて福島県障がい者芸術作品展 「きになる⇆ひょうげん」を開催しており、今年で5回目の開催となります。福島県内在住または出身の障害のある方から「きになる」をテーマに作品や表現を募集し、今年は約400点の作品を展示しています。 そして、今年も「きになる⇆ひょうげん2021」からご自身のきになる作品を選んでいただき、自身の店舗に展示いただく企画「きになる⇆まちなか美術館」を開催いたします。今年はいわき市の平(たいら)エリアにあ

            スキ
            12

            「cento-シエント- 福祉と表現にまつわる研修会」 参加者募集中!【1/19満員御礼】

            はじまりの美術館では2022年1月20日(木)、2月17日(木)、3月17日(木)に、「cento-シエント- 福祉と表現にまつわる研修会」を開催いたします! 今年は、全 3 回の開催で、すべてオンラインでの開催です。 現在参加者募集中です。 ・ ・ ・ ・ ・ 「cento-シエント- 福祉と表現にまつわる研修会」は、障がいのある方の表現活動を支援するご家族や施設職員、また関心のある方をはじめ、どなたでもご参加いただける「福祉と表現」をテーマとした研修会です。 今回

            スキ
            5

            第5回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2021」開催中!

            はじまりの美術館では、2021年11月20日から2022年1月23日までの期間、福島県主催の公募展・第5回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん2021」を開催しています! 福島県出身または在住の障がいのある方などから、「きになる」をテーマに作品や表現を募集し、約380点の作品や表現を展示しております。 ご来場いただいたみなさまにも「自分は何が、きになるかな」と考えながら、ぜひご鑑賞いただけますと幸いです。 アンケートと一緒に「付せん」をお渡ししております。こち

            スキ
            1

            作品や表現募集・公募情報のお知らせ(2021年秋)

            はじまりの美術館は、福島県障がい者芸術文化活動支援センターとして、福島県内ならびに他県の障害のある方の表現活動にかかわる情報を収集・発信もしております。 どなたでも応募いただける作品や表現の募集情報や、障がいのある方を対象とした作品募集などをお知らせさせていただきます。   気になった方は、各サイトの募集要項をよくお読みのうえ、ご応募ください!   ・ ・ ・ ・ ・ ■SHIFT Challenged Art 公募展 2021 才能や能力を活かして輝ける世界に。 も

            スキ
            4

            第5回福島県障がい者芸術作品展 「きになる⇆ひょうげん 2021」作品募集!

            気になったことやこだわりから生まれた表現、 見た人がなんだか気になってしまう表現を募集します 福島県では、障がいのある方や障がいについて触れる機会を増やし、障がいの有無に関わらず多様な価値観を認めあう共生社会の実現に向けて、第5回福島県障がい者芸術作品展「きになる⇆ひょうげん 2021」を開催いたします。 本作品展を通して、気になる表現と出会い、 改めて「障がい」や表現について考える機会になればと思います。作者の気になったことやこだわりから生まれた表現 、そして、ご家族の

            スキ
            5

            9/25 オンライントークイベント「ダブル岡部のやわらかクロストーク」開催!(アーカイブ動画公開中)

            はじまりの美術館企画展「やわらかくなってみる」の関連イベントととして、「対話することを通してやわらかくなってみる『トークイベント ダブル岡部のやわらかクロストーク』」を開催いたします。  一部では、「西の岡部」と「東の岡部」と例えられる、奈良県の一般財団法人たんぽぽの家 常務理事の岡部太郎さんと、福島県のはじまりの美術館 館長の岡部兼芳。二人の対談がついに実現! 「たんぽぽの家」は、本展出展作家の中村真由美さんの所属する事業所でもあります。これまで「エイブル・アート ム

            スキ
            3

            企画展「やわらかくなってみる」開催中!

            はじまりの美術館では、2021年7月31日から10月24日までの期間、企画展「やわらかくなってみる」を開催しています! 「やわらかな強さ」をテーマに、7組の作家によるやわらかさを感じたり体験したりできる様々な作品や表現をご紹介します。 はじまりの美術館の今回の企画展のテーマは、「やわらかくなってみる」です。 この1年半ほどで、私たちの日常は、少しずつ、でも確実に変わっていきました。新しいルールのようなものが生まれたり、自分以外のひとの考え方や違いを知る機会も増えたりしま

            スキ
            3

            けんじの日記4

            はじまりの美術館企画展「(た)よりあい、(た)よりあう。」の出展作家しらとりけんじさんは、展示室の中に「けんじの部屋」を構え、猪苗代町および はじまりの美術館にて滞在を行なっています。 滞在は4月17日から7月11日までの展覧会会期の約3ヶ月間。しらとりさんは毎日、展示室で過ごしてお客さんとお話されたり、散歩に出かけて1日数百枚の写真を撮影されたりしています。 ここでは、美術館に滞在する日々の中で起きた気持ちの変化やできごとなどを、しらとりさんがプロジェクトのメンバーに宛

            スキ
            3

            オンゴーイング!はじまりの美術館「(た)よりあい、(た)よりあう。」

            大政:それでは、久しぶりに「オンゴーイング!はじまりの美術館」を行います。はじまりの美術館では、2020年の春ごろに新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休館をし、そのころ「プレイバック!はじまりの美術館」という名前で過去の展覧会を振り返る企画を行っておりました。その後無事に再開館をしたのですが、不定期で、開催している展覧会についてスタッフで語り合って紹介するという取り組みを行っています。 岡部:今回は開催中の企画展「(た)よりあい、(た)よりあう。」をオンゴーイング

            スキ
            8

            けんじの日記3

            はじまりの美術館企画展「(た)よりあい、(た)よりあう。」の出展作家しらとりけんじさんは、展示室の中に「けんじの部屋」を構え、猪苗代町および はじまりの美術館にて滞在を行なっています。 滞在は4月17日から7月11日までの展覧会会期の約3ヶ月間。しらとりさんは毎日、展示室で過ごしてお客さんとお話されたり、散歩に出かけて1日数百枚の写真を撮影されたりしています。 ここでは、美術館に滞在する日々の中で起きた気持ちの変化やできごとなどを、しらとりさんがプロジェクトのメンバーに宛

            スキ
            9

            けんじの日記2

            はじまりの美術館企画展「(た)よりあい、(た)よりあう。」の出展作家しらとりけんじさんは、展示室の中に「けんじの部屋」を構え、猪苗代町および はじまりの美術館にて滞在を行なっています。 滞在は4月17日から7月11日までの展覧会会期の約3ヶ月間。しらとりさんは毎日、展示室で過ごしてお客さんとお話されたり、散歩に出かけて1日数百枚の写真を撮影されたりしています。 ここでは、美術館に滞在する日々の中で起きた気持ちの変化やできごとなどを、しらとりさんがプロジェクトのメンバーに宛

            スキ
            9

            けんじの日記1

            はじまりの美術館企画展「(た)よりあい、(た)よりあう。」の出展作家しらとりけんじさんは、展示室の中に「けんじの部屋」を構え、猪苗代町および はじまりの美術館にて滞在を行なっています。 滞在は4月17日から7月11日までの展覧会会期の約3ヶ月間。しらとりさんは毎日、展示室で過ごしてお客さんとお話されたり、散歩に出かけて1日数百枚の写真を撮影されたりしています。 ここでは、美術館に滞在する日々の中で起きた気持ちの変化やできごとなどを、しらとりさんがプロジェクトのメンバーに宛

            スキ
            11