見出し画像

「食べられるラップ」とな!!Σ(゜▽゜;

しかも、「開発中」ではなく「開発した」だと!

この「食べられるラップ」———「SCOBY」を開発したのは、案の定というべきか、日本国内の企業ではなかった。

開発したのはポーランドのエコの専門家たちがタッグ組ん「MakeGrowLab」というチームで、余った野菜から「SCOBY」を開発したのだという。しかも、使用後は100%有機肥料となる。そう、ただ土に還るのではなく肥料になるのだ。品質に関しても従来のラップと比べて、柔軟性や耐性、耐水性もある。ラップとしての機能も十分だ。

だが何より驚いたのは、タイトルにあるとおり、「食べられるラップ」であるという点だ。しかも賞味期限は2年。エイプリルフールのネタにしては時期が遅すぎる。それくらい驚いた。

記事ではバイオの改革とも呼べる製品と言っているが、インパクトは改革を飛び越えてもはや革命レベルではなかろうか?

———ところで肝心のお値段に関してはノーコメント?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「知識欲と好奇心の尖兵」の職務を全うするため、いただいたサポートは色んな意味で色んな方面に投資させていただきます。ときどき紅茶と簿記・会計にも。そこそこ愉快な生態もたまにレベルUPします。

どもども ヾ(*ΦωΦ)ノ☆
1
略称ヘレ。凡人。しかしてその実体は知識欲と好奇心の尖兵。紅茶とスタバが好き。ゲームも好き。独学で日商簿記1級に挑むも遅々として進まず、現在は範囲改訂後の2級にUターン中。次はビジネス会計3級だ! 解離性障害+双極性障害。2019年6月からオープン就労めざして就労支援施設に通い中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。