見出し画像

「さかなのこ」・・・久しぶりに見た、無垢の勝利。

夢乃玉堂


楽しい映画だ。
海洋学者であるさかなクンの著書「一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~」
を原作として、作られた映画である。

このタイプの映画で成功している作品を久しぶりに見た。
このタイプ、というのはいわゆる「無垢の勝利」というジャンルである。
例えば、ピーターセラーズ主演の「チャンス」や、「グリーンマイル」などが近いかもしれない。(専門家ではないので断言はしない)

さて、とにかくこの作品は、「無垢な生き方をしている人物が周りを変えていく」というストーリーを縦軸に描いている。

主演の「のん(能年玲奈)」は、彼女の持つ不思議な存在感が、ある意味無垢な作品に似合っている。
見る前には、受け狙いで男(さかなクン)を女(のん)に変更して、
女性主人公の話に変えてしまった、よくあるイベントムービーかな、と思っていた。
だが、のんのキャラクターが映画全体を引っ張っていて、なおかつ、シナリオ全体に込められた優しさが伝わって来る佳作だったのだ。

勿論、のんだけが目立つわけではない。
出演者たちがそれぞれ良い演技をしている。
中でも、柳楽優弥のあるシーンでの演技が秀逸だ。
それを生み出す島崎遥香の芝居も背中しか見えないが、良かったに違いない事は想像に難くない。

原作のさかなクンもカメオに留まらない、重要な役で出演している。

とにかく詳細は見て実際に感じて頂きたい。

自分には難しいが、こんな風に観終わった後に、何となくほっとするような作品を作ってみたいものである。

               おわり


#さかなのこ #さかなクン #映画 #不思議 #謎 #ほっこり #のん #能年玲奈 #柳楽優弥 #磯村勇斗 #岡山天音 #島崎遥香

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
夢乃玉堂

ありがとうございます。はげみになります。そしてサポートして頂いたお金は、新作の取材のサポートなどに使わせていただきます。新作をお楽しみにしていてください。よろしくお願いします。