温浴施設客のイメージを覆す、味の際立ったメニューづくりとは
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

温浴施設客のイメージを覆す、味の際立ったメニューづくりとは

グルメ王国

原点は、温浴施設内の飲食店運営

グルメ王国は2002年創業、今年で20年目になります。HPの事例紹介をご覧いただくと、展開する飲食店8店のうち、半数以上が、温浴施設内の飲食店舗であることにお気づきになるはず。

グルメ王国が企画、運営を手掛ける飲食店はこの8店

そうなんです、もともとは温浴施設内の飲食店運営が原点。その成功を足掛かりに、南町田グランベリーパークの「越玄一斗」、アクアシティお台場の「STONE FACTORY Jr.」・ベーカリー「G'RANBAKE若葉台」と、展開を広げてきました。

温浴ビジネスにかける想いを、社長がついに語る

簡単に、事業について説明させてもらいましたが、経営者や企画担当者向けの業界誌「月刊レジャー産業」4月号で、社長のインタビュー記事が掲載されます。同誌4月号の特集は、「温浴ビジネス―新規マーケット獲得の時」。COVID-19の影響下で、温浴施設はどのようなアイデアを巡らせ、利用客を増やそうとしているか、興味深い記事が並んでおります( ..)φ。

”入浴のついで”利用を、リピーターにする戦略

テレビ東京の「カンブリア宮殿」、NHKの「プロフェッショナル」、この手の番組好きな私としては、グルメ王国成長の背景にある秘話など、興味をそそられるところ。

「スーパー銭湯などに来場したお客様はそこに付帯する飲食店舗に対して味やサービス面で大きな期待をしていません。飲食は『入浴のついで』だからです。」

インタビュー記事より

へ!?と思いましたが、確かに、美味しいお店に行きたければ、温浴施設の飲食店ではなく、メディアやSNSで話題のお店を探すのは、悲しいかな事実。温浴施設の飲食店を利用するのは、あくまでも、入浴のついで。その現実を受け止めて、どうやって集客するか。そこが、まさに成功の糸口で、記事でシンプルに語られていたのは、「徹底的にこだわったメニューを用意する」ということ。それが利用客にとって、温浴施設の飲食店というイメージを覆す強いインパクトになり、食事も目的にしてリピートしてくれる。言うにはたやすい、それを成し遂げるには、どれほどの苦労があったことか。

食べてみて分かる、味の際立ったメニューとは

入社早々、南柏天然温泉すみれにある「飯炊処ひかり」の広報用写真を撮影するため、店舗のある千葉県流山市まで向かいました。土地勘もなく、さらに方向音痴の私は、スマホのGoogleマップを見ても迷う💦本社のある町田を出て、電車と徒歩で2時間半以上、余裕でかかりました。
お店に着いた頃は、もう腹ペコ。情けない話ですが、広報用写真の撮影前に、腹ごしらえをさせてもらうことにしました。オーダーしたのは、「石焼き手ごねハンバーグ定食」。

うっかり、ひと口食べてから写真撮影(-_-;)食べた部分はトリミング…

メニュー紹介には、”直接仕入れる豪州産穀物飼育の牛の赤身のみ使用、添加物・保存料・防腐剤など一切不使用”、”下焼き・蒸らし・本焼きの三度も火を通して加熱”とあり、空腹で読みながら、それって味にどう現れるものなのか、期待が膨らみました。
いざ、ジュージュー肉汁弾けるハンバーグをひと口。アツアツ!肉の旨味が飛び込んでくる!思ったよりガツン!とした重たい味ではないのは、紹介文にあった”穀物飼育、赤身のみ使用、添加物不使用”が関係しているのかもしれない。肉汁がたっぷりのメンチカツを食べて、食べているときは満足ですが、後で胃が重くなることもある私でも、これはガンガン食べられる。割とポーションが大きめのハンバーグですが、完食。やっぱり、肉ってパワーフードなんですね。ひと口で体も心も元気にしてしまう、ほんとビックリ😲何ですか、このマジックは…。

おいしさの電流ビリビリ⚡が、次の利用を生む

SNSが大きな情報源となっている今、メニュー開発において、”インスタ映え”は今や必要条件のひとつなのでしょう。そういう意味で言うと、このハンバーグは、ザ・王道のビジュアル。もう一度言います、若い女子たちが、キャッキャッ😻しながらパクリのビジュアルでは、残念ながら、ありません。でも食べてみると、おいしさの電流が走るんです。

利用者の予想を打ち破るクオリティの実現により、「ついで利用」から「目的利用」、ひいては「常連客」の創造にまでつなげようとの姿勢を一貫する

インタビュー記事より

もっと、グルメ記者っぽく、おいしさを表現したいところですが、いや、本当においしさの電流ビリビリ⚡って走ります。この体験が、お客さんの心をつかんで、次の利用を生む。愚直なほどストレートに、おいしさを追求する。これこそが、うちの、グルメ王国の突破力なんですね。

秘伝のソースみたいに、おいしさを追求する熱意や苦労が、じっくりじわじわしみ込んだ、これまでの軌跡。それを、もっと紐解いてみたい、そう思うのでした。

この記事が参加している募集

仕事について話そう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!感激です
グルメ王国
グルメ王国って、これ社名なんです。「おいしくて、あたたかい食事は、きっと誰かを幸せにする」。 温浴施設での飲食店運営からノウハウを積み重ね、その集大成となる和食店を、「南町田グランベリーパーク」にオープン。初の業態となるベーカリーにも進出!その舞台裏やエピソードなどお届けします。