株式会社グリーンプロデュース

美しく緑あふれる社会を未来の世代に残し、サスティナブルな社会づくりに貢献するために。 …

株式会社グリーンプロデュース

美しく緑あふれる社会を未来の世代に残し、サスティナブルな社会づくりに貢献するために。 緑化植物イワダレソウ改良種「クラピア」の販売メーカーとして、クラピアを活用した新たな緑化技術の研究開発と、更なる品質の向上に取り組んでいます。

マガジン

最近の記事

第12回「環境放射能除染研究発表会」参加のお知らせ

株式会社グリーンプロデュースは、環境放射能除染学会主催の「環境放射能除染研究発表会」に参加致します。  【主催】一般社団法人 環境放射能とその除染・中間貯蔵および環境再生のための学会環境放射能除染学会(通称:環境放射能除染学会) 【日程】2023年8月30日(水)~8月31日(木)     8時30分開場、8時45分受付開始 【会場】とうほう・みんなの文化センター(福島県福島市春日町5−54)      第12回研究発表会特設Webサイト〔特設サイト〕          

    • 2023NEW環境展共同出展のお知らせ

      東京ビッグサイトで開催される「2023 NEW環境展」に今年も富山高等専門学校との共同で出展致します。  【会期】2023年5月24日(水)~5月26日(金)     10:00~17:00(最終日は16:00まで) 【会場】東京ビックサイト 東2ホール     ブース番号:A213     ※富山高等専門学校ブース内 【公式HP】https://www.n-expo.jp/ ブースでは、環境に配慮した不稔性のグランドカバープランツ「クラピア」と、廃石膏ボードをリサイクル

      • 10/24(月)下野新聞に小山市立豊田中学校でのクラピア寄贈・植栽の記事が掲載されました

        この度当社は、小山市立豊田中学校中庭のクラピア緑化による防草対策、美観向上を目的として「クラピア」の寄贈・植栽を行いました。 【植栽前の中庭】 昔は卒業アルバムなどの撮影でも活用されていたという中庭。 近年は雑草が生い茂り、除草作業だけでなく害虫やハチの巣の除去にも苦慮されていることから、黒い防草シートで覆われた状態でした。 【クラピア植栽の様子】 同校JRC美化委員会を中心とした生徒の皆様、約80名が参加のもと、「クラピアバイオシート」併用で「クラピアK7」を植栽し

        • 2022NEW環境展:5/25(水)~5/27(金)まで開催。クラピアを展示中です!

          「2022 NEW環境展」が本日より開催となりました。 株式会社グリーンプロデュースは、富山高等専門学校との共同出店ブース内でクラピアを展示しています。 【会期】2022年5月25日(水)~5月27日(金)     10:00~17:00(最終日は16:00まで) 【会場】東京ビックサイト 東1ホール     ブース番号B116     ※富山高等専門学校ブース内 【公式HP】https://www.n-expo.jp/index.html ブースでは、廃石膏ボードから生

        第12回「環境放射能除染研究発表会」参加のお知らせ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • グリーンプロデュースより皆様へ
          株式会社グリーンプロデュース
        • 「クラピア」について
          株式会社グリーンプロデュース

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2022NEW環境展:富山高等専門学校と共同出展のお知らせ

          株式会社グリーンプロデュースは、東京ビッグサイトで開催される「2022 NEW環境展」に富山高等専門学校と共同で出展致します。  【会期】2022年5月25日(水)~5月27日(金)     10:00~17:00(最終日は16:00まで) 【会場】東京ビックサイト 東1ホール     ブース番号B116     ※富山高等専門学校ブース内 【公式HP】https://www.n-expo.jp/index.html 安全が担保された再利用資源をクラピアと組み合わせて使用

          2022NEW環境展:富山高等専門学校と共同出展のお知らせ

          【富山高等専門学校と協働】クラピアで沖縄の赤土流出を防ぐ実証実験スタート

          富山高等専門学校との連携で、クラピアを活用した実証実験をスタートしました。 3月11日より沖縄県読谷村の41度の斜面に実験用の工区を施工、クラピアを植栽し今後生長と共に赤土の流出量を計測していきます。 今回の取り組みについて、沖縄テレビ放送での紹介がYahoo!ニュースでもご覧頂けますので合わせてご参考下さい。 https://news.yahoo.co.jp/articles/2c90758efecd91d165366de94f3ee2c8133049e0 沖縄、琉

          【富山高等専門学校と協働】クラピアで沖縄の赤土流出を防ぐ実証実験スタート

          クラピア総合カタログが新しくなりました

          クラピア総合カタログをリニューアル致しました。 これまでのカタログと同様、クラピア各品種、関連資材のご紹介と合わせて、公式ホームページでも掲載している「クラピア10の特長」をよりご覧頂きやすいよう見開きで掲載しています。 こちらのカタログは、当社ホームページよりPDFでダウンロード頂けますので、クラピアをご検討の際にぜひご活用ください。 ▼カタログダウンロードページ https://www.greenproduce.co.jp/document/ 私たち株式会社グリーン

          クラピア総合カタログが新しくなりました

          「とちぎSDGs 推進企業」に登録されました

          令和3年10月、公益財団法人 栃木県産業振興センターが募集しております「とちぎSDGs 推進企業」に、当社、株式会社グリーンプロデュースが登録されましたことをお知らせ致します。 <SDGs達成に向けた経営方針> 当社は、地球環境保護に役立つグランドカバー植物クラピアの生産販売を通じて、産業廃棄物リサイクル品の併用緑化工法を普及促進し、防草緑化を推進することで地球環境保全を目指します。 【公益財団法人 栃木県産業振興センター 登録企業一覧】 http://www.tochi

          「とちぎSDGs 推進企業」に登録されました

          「クラピア」のマーケット拡大に向けて、法人営業を募集しています。

          芝に代わるグランドカバープランツとして、年々認知も拡がってきた「クラピア」は、沖縄県与那国島の海岸に自生するイワダレソウを改良して栃木県で生まれました。繁殖力が強く、地面を横に這って密に生長するため、雑草が繁殖するのを防いだり、高いCO2吸収能力からヒートアイランド現象の対策など環境保護に効果的な植物としても注目頂き、公共・民間工事だけでなく、個人邸のお庭への導入も増えてきています。 当社は唯一の「クラピア」メーカーとして、栃木県から全国に向けてクラピアを販売しておりますが

          「クラピア」のマーケット拡大に向けて、法人営業を募集しています。

          5/20(木)下野新聞「とちぎの企業力」に当社の記事が掲載されました

          「とちぎの企業力」という企画でご取材頂き、当社事業の紹介を掲載頂きました。 近年、栃木県や小山市でも、様々なシーンでSDGs推進への機運の高まりを感じるようになり、企業はもちろん、個人としてもSDGsを意識した選択や行動が重要になって来ています。 今回の掲載によって、”「クラピア」を植える”という小さなアクションが、SDGsへの一歩にもつながることを広く知って頂くきっかけになることを願って、 当社も引き続き、環境への配慮や、環境保護につながる多くの可能性を持つ「クラピア」

          5/20(木)下野新聞「とちぎの企業力」に当社の記事が掲載されました

          コーポレートサイト、ロゴを全面リニューアルいたしました

          当社は2006年7月の創業以来、「クラピア」の総販売元として全国に販売すると共に、「クラピア」を用いた環境にやさしい緑化技術の研究・開発と、品種改良に取り組んで参りました。 公共工事や民間事業で広く導入頂き、ご家庭のグランドカバーとして、または農地畦畔向けなど、環境汚染リスクの少ない防草対策としての利用も増えています。 当社は国内唯一の「クラピア」メーカーとして、「クラピア」の特長や魅力をより分かりやすく、専門性の高い情報をタイムリーにご提供できるサイトを目指し、この度リニュ

          コーポレートサイト、ロゴを全面リニューアルいたしました

          グランドカバー植物「クラピア」の魅力をnoteで発信して参ります

          「クラピア」という植物をご存知でしょうか? 「クラピア」は、日本の雑草研究における第一人者である宇都宮大学講師故倉持仁志氏が沖縄県に自生するイワダレソウを原種に、 “草で草を制す”というコンセプトのもと10余年の歳月をかけて改良を重ねて生み出した国内唯一の品種登録済イワダレソウです。 私たち株式会社グリーンプロデュースは、「クラピア」の研究開発を更に進化、前進させ2006年に製品化。管理農場による生産と全国への販売をスタートさせました。 1㎡に4ポット程度を植栽すると、

          グランドカバー植物「クラピア」の魅力をnoteで発信して参ります