道ばたでもらった、すてきなプレゼント

ちょっと遠くの大学で、試験を受けた帰り道。

すてきなプレゼントをもらった。

・・・

一日中雨だった昨日とは一変。今日は雲ひとつない、気持ちのいい天気だった。

長い間準備してきた試験も終え、家へと向かう帰り道。彼と合流し、ちょっと軽くなった心で、いつもの道を歩いていた。

すると歩道の花壇で、なにやら作業中のおかあさんが声をかけてきた。

「あれ、ひまわり持って帰る?」

おかあさんの手にはハサミが握られている。冬に向けて、花壇に咲いている花たちを、回収しているところらしい。

よくわからない状況。よくわからないことが大好きな私。

家に花を飾る習慣はないし、花瓶なんて持っていない。だけどこんな好運。逃すのはもったいないと思って、おかあさんの持つひまわりに手を伸ばした。

・・・

いきなり花をもらい、よくわからないけど嬉しくなった。お礼を言いつつ帰り道を進もうとすると、おかあさんも並走してきた。

「あら、このバラも。ほら。持ってく?」

おかあさんは隣に咲いていた、赤いバラに手を伸ばす。

道ばたの花を、そんなにもらっていいのかと思いつつも、受け取ってしまう私。

結局その後、もう一度ひまわりを勧められて、マイバックいっぱいにお花を手に入れることができた。

・・・

家に帰ると、やっぱり花瓶がなくて困った。

だけど私には当てがある。捨て損ねていた空き瓶たちだ。

ちょうどいい大きさの、CHOYAの梅酒と、どっかのワインの瓶を引っ張り出して、水を注ぐ。

花から蜘蛛が出てきたり、バラの棘が瓶の口に突っかかったりして苦労しながらも、なんとか花を収納することができた。

・・・

こうして今日から、我が家に花が飾られることになった。

赤いバラと黄色いひまわり。

鮮やかな色が取り入れられて、な部屋の雰囲気も明るくなったように感じる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しくて泣いちゃいます…
5
建築学生のスミです。note毎日更新します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。