マガジンのカバー画像

知財学習推進プロジェクト

45
運営しているクリエイター

記事一覧

2/9(水)開催のオンラインセミナー、受付開始しました!

たんぽぽの家、知財学習推進プロジェクトでは、知的財産を「まもって、ひろげて」いくことの価値や、障害のある人の表現活動をサポートする日常から気がついた知識や経験を多くの方と共有し、考えていくことを目的として、今年度は、全国の同じような悩みを持つ方や芸術文化活動の支援に関わる団体にご協力いただきながら、表現をめぐる権利活用と権利保護の観点を学び合う、オンラインセミナーシリーズを開催しています。 2月9日(水)、第3回目の開催となるセミナーとして、宮城県仙台市にあるアート・インク

スキ
3

[INFO] 12/10(金)開催! 表現活動をめぐる知的財産権を考えるトークイベント & ワークショップ inならまち (近鉄奈良)のお知らせ

ABOUT たんぽぽの家では、知財の保護や運営にまつわる知識や経験、見識を集め、多様な人たちが知財を活用できるような土壌づくりを目指す活動知財学習推進プロジェクトに取り組んでいます。このイベントは、たんぽぽの家所属のスタッフが中心となって、知財学習推進プロジェクトを通して得た知識や経験を共有し、考えていくことを活動軸に、知財や知財権を「まもって、ひろげて」いくことの価値や権利保護の観点を学び合うイベントシリーズです。 今回は、登壇者のこれまでの活動や研究フィールドに近い視

スキ
2

[10/8(金)開催 お申し込み受付開始] まもって、ひろめて、表現をめぐる知的財産権について考えるオンラインセミナー in宮崎 開催します!

たんぽぽの家では、知財の保護や運営にまつわる知識や経験、見識を集め、多様な人たちが知財を活用できるような土壌づくりを目指す活動知財学習推進プロジェクトに取り組んでいます。 この活動の一環として、知財や知財権を「まもって、ひろげて」いくことの価値や、障害のある人の表現活動をサポートする日常から気がついた知識や経験を多くの方と共有し、考えていくことを目的として、全国の同じような悩みを持つ方や芸術文化活動の支援に関わる団体にご協力いただきながら、表現をめぐる権利活用と権利保護の観

スキ
4

[オンライン開催!] たんぽぽの家スタッフによる、企業・団体向け、知財学習セミナーを開催してみませんか?

「まもって、ひろめて 表現をめぐる知的財産権について考えるオンラインセミナー」 の開催を承っています!  たんぽぽの家では、2018年に「知財学習プログラム検討会」を立ち上げ、知財の保護や運営にまつわる知識、経験、見識を集めて多種多様な人たちが知財を活用できるような土壌づくりを目指す活動を行ってきました。活動の一環として、知財や知財権を「まもって、ひろげて」いくことの価値や、障害のある人の表現活動をサポートする日常から気がついた知識や経験を多くの方と共有し、考えていくことを

スキ
3

[INFO] 書籍案内─秋のオンラインイベント告知編(後編)─

<その1: 書籍のご案内> たんぽぽの家が発行している書籍シリーズのお知らせです『表現をめぐる知的財産権について考える本』(2021,たんぽぽの家刊)はこれまで、たんぽぽの家が取り組み続けてきた「知的財産について学ぶプロジェクト」から生まれた一冊です。障害のある人の表現活動やものづくりをサポートする視点から、著作権をはじめとする、知的財産権をわかりやすく紐解きます!さらに、各分野で活躍する識者や専門家の方に "表現と知財にまつわるコラム" を寄稿していただいた内容充実の一冊で

スキ
5

[INFO] 書籍案内─秋のオンラインイベント告知編(前編)─

<その1: 書籍のご案内> たんぽぽの家が発行している書籍シリーズのお知らせです『表現をめぐる知的財産権について考える本』(2021,たんぽぽの家刊)はこれまで、たんぽぽの家が取り組み続けてきた「知的財産について学ぶプロジェクト」から生まれた一冊です。障害のある人の表現活動やものづくりをサポートする視点から、著作権をはじめとする、知的財産権をわかりやすく紐解きます!さらに、各分野で活躍する識者や専門家の方に "表現と知財にまつわるコラム" を寄稿していただいた内容充実の一冊で

スキ
4

──AIと作家性:デジタル時代の知的財産権の問題──白石晃一

 一般財団法人たんぽぽの家では調査や研究、事業などの成果をより多くの人と共有できるように、書籍シリーズ「障害とアートの相談室」を発行しています。ここでは、2020年に発行した書籍『表現をめぐる知的財産権について考える本』をより多くの方々に知っていただくために、本書にご寄稿いただいた法律家の水野祐さんのコラムを、クリエイティブ・コモンズ< 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 (CC BY-NC-ND 4.0) >の下に、公開いたします。 表示 - 非営利 - 改変禁

スキ
10

──パフォーミングアーツと知的財産権──高島雄一郎 弁護士/登大路総合法律事務所

一般財団法人たんぽぽの家では調査や研究、事業などの成果をより多くの人と共有できるように、書籍シリーズ「障害とアートの相談室」を発行しています。ここでは、2020年に発行した書籍『表現をめぐる知的財産権について考える本』をより多くの方々に知っていただくために、本書にご寄稿いただいた法律家の水野祐さんのコラムを、クリエイティブ・コモンズ< 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 (CC BY-NC-ND 4.0) >の下に、公開いたします。 表示 - 非営利 - 改変禁止

スキ
5

「障害とアートの相談室」 (後編) ──人間の発達段階に応じた知財創造教育について── 8/22開催! オンラインサロンのお知らせ

たんぽぽの家では2014年より障害のある人とその支援者の課題解決を目的として、情報交換やネットワークづくりの場として「障害とアートの相談室」をオープンしています。前編に続き、後編では「障害とアートの相談室」が障害のある人の芸術家活動に関わる人を主な対象として主催したり、登壇したりしている、セミナーやカンファレンスのご紹介をさせていただきます。 まずはさっそく告知から! ----------------------------------------------------

スキ
4

「障害とアートの相談室」(前編)──ものをつくり、広げていくために、 知的財産権から考える──

たんぽぽの家では2014年より障害のある人とその支援者の課題解決を目的として、情報交換やネットワークづくりの場として「障害とアートの相談室」をオープンしています。現在、「障害とアートの相談室」で行っていることは主に3つです。 1.  障害のある人の芸術活動に関わる人を対象としたご相談受付  2.  調査、書籍の出版、展覧会の開催などのネットワークづくり   3.  研修事業   障害とアートの相談室ではどんなことをやっているのか? まず、1の相談窓口では障害のある人の芸

スキ
3

──創造性を育む「法の余白」としてのフェアユースとクリエイティブ・コモンズ──  水野 祐

 一般財団法人たんぽぽの家では調査や研究、事業などの成果をより多くの人と共有できるように、書籍シリーズ「障害とアートの相談室」を発行しています。ここでは、2020年に発行した書籍『表現をめぐる知的財産権について考える本』をより多くの方々に知っていただくために、本書にご寄稿いただいた法律家の水野祐さんのコラムを、クリエイティブ・コモンズ< 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 (CC BY-NC-ND 4.0) >の下に、公開いたします。 表示 - 非営利 - 改変禁

スキ
4

──知財創造教育を道徳の時間に学ぶ─塩瀬隆之 京都大学総合博物館 准教授

一般財団法人たんぽぽの家では調査や研究、事業などの成果をより多くの人と共有できるように、書籍シリーズ「障害とアートの相談室」を発行しています。ここでは、2020年に発行した書籍『表現をめぐる知的財産権について考える本』をより多くの方々に知っていただくために、本書にご寄稿いただいた塩瀬隆之さんのコラムを、クリエイティブ・コモンズ< 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 (CC BY-NC-ND 4.0) >の下に、公開いたします。 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.

スキ
7

「ブランド」は、何によって価値づけられる? 鳴海製陶株式会社 OSORO を題材に

表現活動やものづくりにおける知財・知財権について学ぶ、その1歩手前から考えるフリーペーパー「ちまたのちざい」。特集記事「知財の実践Q&A」では、専門分野の現場で活動する4名の識者に、知財・知財権に関わるようになったきっかけや取り組み、可能性についてお聞きしました。 特集記事では、本当はもっとお聞きしたいことがあっても、紙数の都合上、詳しく触れられないままでいた事柄がありました。 本日お伝えするのは、アートディレクター、デザイナー、MTDO inc. 代表取締役の田子學さん

スキ
2

愛知ツアー① FLAME (motifさん)とアトリエ・ブルート(ポパイさん)に行ってきました!

東京オリンピック開会式のためイレギュラーに祝日となった、2021年7月23日に、弊法人知財チームの森下静香と後安美紀とで、愛知県でアートをとりいれたものづくりやアート活動に力を入れている2つの福祉施設、FLAME (motifさん)とアトリエ・ブルート(ポパイさん)に行ってまいりました。アトリエ・ブルートでは、ポパイのみなさんのご厚意で、ゲームワークショップも行ったり。充実の日帰り旅行の様子を振り返ります! Fabをとりいれた福祉型ものづくり施設、FLAME愛知の豊山町にF

スキ
7