進化論者が増えている原因、それは偽の教え

進化論者が増えている原因、それは偽の教え

加藤 豪

A recent study claims that a majority (54%) of Americans now accept as true the statement “Human beings, as we know them today, developed from earlier species of animals.”1 Unfortunately, given the increased secularization of American society, this increased acceptance of evolution may well be real. Nevertheless, it’s remarkable that, despite decades of attempts by the scientific establishment and popular culture to convince Americans of human evolution, 46% of Americans still reject it!
 最近の調査によると、アメリカ人の過半数(54%)が「人類の起源は生物の種であり、人はそこから進化したものである」という話しを真実として受け入れていると言われています。1
 残念ながら、アメリカ社会の世俗化が進んでいることを考えると、進化論を受け入れる傾向が強まっているのは現実かもしれません。
しかし、何十年にもわたって科学界や大衆文化がアメリカ人に人類の進化論を納得させようと試みてきたにもかかわらず、46%のアメリカ人が未だに進化論を否定しているのは驚くべきことです。

Not too surprisingly, evolutionists attribute this apparent increase in acceptance of human evolution to higher levels of education and scientific literacy. In their minds, it is only natural that better informed and more scientifically literate people would accept the “fact” of evolution.
 驚くことではありませんが、進化論者はこのように人類の進化を受け入れる人が増えているのは、教育水準や科学的リテラシーの向上によるものだと考えています。
 彼らの考えでは、より多くの情報を得て、より多くの科学的リテラシーを持つ人々が進化の「事実」を受け入れるのは当然のことなのです。

However, the “scientific literacy” usually obtained in college is a rather shallow overview of key scientific concepts. College students are exposed to evolutionary claims, but on a very superficial level. They are almost never exposed to the real problems and weaknesses in the evolutionary story.
 しかし、通常、大学で得られる「科学的リテラシー」は、重要な科学的概念の浅い概要のみです。大学生は進化論の正当性を学びますが、それは非常に表面的な知識なのです。
 進化論の本当の問題点や弱点に触れることはほとんどありません。


This is demonstrated by considering some serious problems with the claim that humans and chimpanzees descended from a common ancestor six to seven million years ago.
 このことは、「ヒトとチンパンジーが600万年から700万年前に共通の祖先から生まれたという主張には重大な問題がある」ということを考えてみると明らかになります。

Long before the human and chimpanzee genomes were sequenced, a 1984 paper used a rather crude technique called DNA hybridization to convince secular scientists that humans are closely related to chimps. However, this paper was later exposed by other evolutionists as almost certainly fraudulent.2 Had it not been for this 1984 paper, the now-popular claim of a close relationship between humans and chimpanzees might never have gained traction.
 1984年に発表された論文では、DNAハイブリダイゼーションという粗雑な手法を用いて、ヒトとチンパンジーが近縁であることを世俗的な科学者に信じ込ませました。これはヒトとチンパンジーのゲノムが解読されるずっと前のことです。
 しかし、この論文は、後に他の進化論者によって、信憑性が非常に低いことが明らかにされています2。
 この1984年の論文がなかったら、ヒトとチンパンジーの間に近縁関係があるという現在信じ込まれている説は、決して普及することはなかったと思われます。

ICR geneticist Jeff Tomkins has shown that the oft-cited claim of 98 to 99% human-chimp DNA similarity was achieved by cherry-picking the genomic data.3 His more objective comparison shows that the true similarity is at best about 85%. Evolutionary biologist Richard Buggs (Queen Mary, University of London) obtained the same result using a different method.4

 ICRの遺伝学者であるジェフ・トムキンスは、「よく言われるヒトとチンパンジーのDNAの類似性が98~99%であるという説は、ゲノムデータを抜粋して得られたものである」と説明しています3。より客観的な比較により、真の類似性はせいぜい85%程度であることがわかっています。
進化生物学者のリチャード・バグズ(ロンドン大学クイーン・メアリー校)も、別の方法で同じ結果を得ています。4。

A sophisticated population genetics software program called Mendel’s Accountant that uses standard evolutionary assumptions and parameters has rigorously demonstrated that even the six to seven million years postulated by evolutionists is insufficient time for a chimpanzee-like creature to transform into a human. In fact, this well-known “waiting time” problem, also known as Haldane’s Dilemma, has long been recognized as a serious problem, not just for human evolution but for the evolutionary story in general.5
「メンデルの会計士」と呼ばれる高度な集団遺伝学のソフトウェアは、標準的な進化論の仮定とパラメータを用いて、進化論者が想定している600万年から700万年という時間でさえ、チンパンジーのような生物がヒトに変化するには不十分であることを厳密に証明しています。
 実際、このよく知られた「待ち時間」の問題は、「ハルデンのジレンマ」とも呼ばれており、人類の進化だけでなく、進化論全体にとって深刻な問題であることが以前から認識されていました5。

And this is just the tip of the iceberg. Human and ape fossil remains do not support the concept of human evolution, despite the popular hype.6 How many of those among the 54% affirming human evolution were aware of these inconvenient facts? Not too many, I would imagine.
 そして、これは氷山の一角に過ぎません。人間や猿の化石は、世間で騒がれているにもかかわらず、人間の進化という概念を裏付けるものではありません6。
 人間の進化を肯定した54%の人の中で、これらの不都合な真実を知っていた人はどれ位いるのでしょうか?あまり多くはないと思います。

Evolutionists will be tempted to see an increased acceptance of evolution as a vindication of the strength of their position. But this is more akin to jurors who have ruled a defendant guilty, but only after being carefully shielded from any exculpatory evidence and weaknesses in the prosecution’s arguments. In that case, the guilty verdict is not an indication of the strength of the prosecution’s case but rather an indication that the jurors were denied access to all the relevant facts.
 進化論者は、進化論が受け入れられるようになったことで、自分たちが唱える説の正当性が証明された、と考えたくなるでしょう。
しかし、これは陪審員が被告を有罪と判断した後に、弁解の余地のある証拠を隠蔽し、あるいは検察側が主張の弱点を隠蔽する、ことに似ています。その場合、有罪判決は検察側の主張の正当性を示すものではなく、陪審員が関連するすべての事実へのアクセスを拒否されたことを示すことになるのです。

Evolutionists claim that creationists are spreading “misinformation,” and some even argue that creationists should be censored. Such a claim requires considerable chutzpah given the fallacious arguments that evolutionists have disseminated over the years and the fanatical efforts of some evolutionists to stifle debate on this issue.
 進化論者は、創造論者が「誤った情報」を広めていると主張し、創造論者を検閲すべきだとさえ主張する人もいます。
このような主張は、進化論者が長年にわたって広めてきた誤った議論や、この問題に関する議論を封じ込めようとする一部の狂信的な進化論者によってもたらされています。
このような主張に対しては、毅然とした姿勢で応じることが求められます。

However, the truth is the exact opposite of their claim. ICR exists to uncover and share information that evolutionists are ignoring or suppressing. We are here to correct misinformation. We have done this for more than 50 years, and by God’s grace we will continue to do so in the years to come.

 しかし、真実は彼らの主張とは正反対なのです。ICRは、進化論者が無視したり抑圧したりしている情報を明らかにし、共有するために存在しています。私たちは誤った情報を正すために存在しています。私たちは50年以上にわたってこの活動を行ってきましたが、神の恵みによってこれからも活動を続けていきます。

出典:https://www.icr.org/article/evolutionary-acceptance-and-misinformation


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。これからも注目してくださいね!
加藤 豪
トレーナーでクリスチャンです。 赤十字救急法救急員/介護職員初任者研修 日本体育協会公認スポーツリーダー 健康管理士一般指導員/健康管理能力検定1級 NESTAシニアトレーナー NESTA PFT お問い合わせ先:https://l69.jimdofree.com/