塾長

総合広告会社で22年間広告マンとして勤務。東日本営業本部部長を経て、平成19年会計事務所のマネージャーに就任しマーケティングコンサルを担当。同年(株)群馬マーケティングセンターを設立し取締役を経て、平成30年代表取締役に就任。群馬企画塾の塾長として多数のマーケターを輩出している。

塾長

総合広告会社で22年間広告マンとして勤務。東日本営業本部部長を経て、平成19年会計事務所のマネージャーに就任しマーケティングコンサルを担当。同年(株)群馬マーケティングセンターを設立し取締役を経て、平成30年代表取締役に就任。群馬企画塾の塾長として多数のマーケターを輩出している。

    最近の記事

    自社にピッタリな補助金はどれ?来年の補正予算からみる活用できそうな補助金情報

    2022年11月の沼’sトレンドは、来年度の補正予算案として補助金各種の方向性が見えてきましたので、その解説をしています! https://youtu.be/SaXcN6Z3lIk 詳しくはこちら↓↓↓

    有料
    300
      • 準備はできていますか?インボイス制度と補助金

        2022年10月の沼’sトレンドは、来年10月に控えたインボイス制度についてと、現在の市場動向を踏まえた補助金の活用について解説しています! https://youtu.be/um0C6rFScUo 詳しくはこちら↓↓↓

        有料
        500
        • ~心を動かす交渉術で売上増加・顧客拡大~ビジネス現場における交渉力セミナーのご案内

          2022年10月5日(水)・9時30分~16時30分から、ポリテクセンター群馬において、「ビジネス現場における交渉力」というテーマで研修を行います。営業やサービスを提供する現場では、相手と接する時間の中で生産的なやりとりをしていくことが求められます。本コースでは、現場の第一線で活躍が期待される社員が持つべき交渉スキルを習得します。

          • コロナ禍の事業の見直し

            コロナ禍で多くの事業者が売上の減少を招いていますが、一方では確実に売上を伸ばしている事業者が多く存在します。そして、厳しい経営状態であったところでも、そろそろ上昇に転ずる時期に来ています。つまりコロナ禍がニューノーマルになりつつある中で、新たなチャンスが巡ってきたと言っても良いでしょう。 国は、昨年度より事業再構築補助金の制度をつくり事業者支援を行っていますが、正に、コロナ禍の苦境から脱するために、新たな事業へのチャンスを与えてくれています(現在は第7回目の公募)。 コロ

            消費者インサイトを探す

            物が溢れ、消費者の欲しいものが気軽に入手できる時代に、新たな商品・サービスを開発するのは容易な事ではありません。しかし、いつの時代も自分の事業領域は飽和状態と思っている間に、新たな商品・サービスを生み出す人が出てきます。 時が移れば消費者の嗜好は変化します。その変化を捉えられるかどうかで、新たな商品・サービスの開発ができるかを左右するのです。 消費者の嗜好が目に見える部分は氷山の一角に過ぎず、実は水面下に眠っている部分が大半であります。その水面下に沈んでいる潜在意識が消費者イ

            フルパッケージ企画書プレゼンの日

            本日は、「第1期MP養成特別講座in群馬」の第4回スクーリングです。受講生が7月から取り組み完成した事業の企画書を発表する日。パソコン操作が苦手な人やパワポを使ったことのない人、企画書なんて書いたことない人が、数十ページの企画書を4ヶ月で作成してしまう凄さ!これが本講座の魅力です。日本には約350万社の企業があり、約70%が赤字と言われています。このような状況下、自社の課題を解決するための企画書を書いた経営者ははどれだけいるでしょうか・・・。逃げていては、待っていては何も解決

            会社を強くするブランド~4つの条件~

            今回は、毎月第4木曜に開催しているマーケティング勉強会(8月度)の一部をご紹介。テーマは「ブランド」についてです。 「ブランドってなんですか?」中学生にこう聞かれたら、あなたはどんな回答をしますか?ブランディングについて諸説ありますが、一文で言うと「似ている商品・サービスとの違いを判断する内容や条件」ですね。こう考えると、会社の規模を問わず必要なものだと分かります。 ブランドの構成要素は複数ありますが、今回は強いブランドを作る元となる4つの条件について解説しています。少し

            有料
            1,500

            顧客満足度は顧客の期待値で変わる。

            顧客満足度は、事前の期待と実際の商品のパフォーマンスの不一致度によって決まります。提供する商品・サービスが同じでも、事前の期待が低ければ満足度は高く、期待が高ければ満足度は低くなる。ゆえに、満足度は顧客の状態によって左右されるものであるから難しいのです。顧客の心理を捉えてアプローチをすることが大切なのは、こういうことにも理由があります。

            コロナ禍の時こそ質を上げる。

            コロナ禍で厳しい経営の飲食店が多くありますが、こういう厳しい時に企業の存在価値が問われます。 素材の質を落とさない。効率化を求めない。 つまり、原価率を下げない。人件費を削減しない。 難しいですが、コロナ禍が収束しなくてもお客様は集まります。

            未来の成功をつかむ

            「マーケティング」には、企業を変え、人生を変え、人を幸せにする力があります。 ゆえに、経営者には「マーケティングのプラットホーム」が必要です。 ・・・それが群馬企画塾です。ただ、゛情報は求める人にのみ与えられ、真摯に学び実践した人にしか成果は生まれません。” 一歩の踏み出し!それが「マーケティング」そのものです。ここでは当社が毎月開催している、マーケティング勉強会でのトピックスや、今すぐできる「マーケティング」など、新たな一歩に繋がる情報をシェアしていきたいと思います。 h