見出し画像

食品輸出の中級知識①:食品貿易取引の見積価格(FOB価格とC&F価格)を作る方法

~食品貿易取引のビジネスフローと輸出コストを下げる方法を理解する~ 

今回は、自社で直接海外い輸出する際に必要な知識について、3つのことを説明します。『(A)直接海外に輸出する貿易取引のビジネスフローを知る』と『(B)貿易取引の見積もり価格の作り方を知る』と『(C)食品輸出経費(輸出諸掛)を下げる方法を知る』です。

特に、輸出諸掛を落とすのにこのnoteをご利用いただければ、簡単に元はとれます!

※(A)直接海外に輸出する貿易取引のビジネスフロー

直接海外に自社で輸出するというステップは、単なる国内で輸出商社に営業するよりも難易度が上がります。食品の国内の展示会に出展している食品メーカーでも“国内渡し限定”と表示している企業が多いくらいです。

多くの食品メーカーが自分がシッパーとなり海外に直接売る方法をご存知ないのです。しかしこれは非常にもったいないことです。食品輸出商社を経由して輸出するのは即効性がありますが海外の店頭価格が3割上がるという試算もあります。直接日本の食品メーカーから購入したい海外の企業が増えています。チャンスはあるのに取り組まないのはもったいないです。

輸出商社経由の間接貿易である国内取引営業と、自社で直接海外のディストリビューターに直接貿易取引で売る、という2つの営業方法は車で言えば『両輪』です。両方取り組んでいかないと簡単に年間1億円以上を輸出することはできません。

なぜ多くの食品メーカーが自社輸出に取り組まないのか、それには理由があります。自社で輸出する方法を詳しく教えてくれるところがないからです。そのため自社輸出をやってことがない食品メーカーが多いのです。どうすれば自社で輸出できるのかまずは、自社輸出する際の食品貿易取引のビジネスフローを理解する必要があります。自社で食品を輸出する際のビジネスフローは12段階あります。

下記に文字でそのビジネスフローを書きました。●は輸出者(御社)がすることで、★は御社の商品を購入したい海外のディストリビューターがすることです。
1-★購入者が商品に興味を持つ。2-●★価格を提示し支払い条件に合意する。3-●サンプルを送付する。4-★商品と輸出数量を仮決めする。5-★商品が輸入できるか確認する。6-(必要であれば)★行政へ商品登録。7-(必要であれば)★商品登録が完了する。8-★数量確定。9-★●最終諸条件に合意。10-★PO(発注書)の発行。11-●★売買契約書の締結。12-●商品製造と輸出実務開始。

となります。このページの一番上に記載したのが、このビジネスフローです。

そのまま交渉時に使用してディストリビューターと今後の流れとして情報共有するときに使うととても便利だと、このフローチャートは非常に重宝されています。初めて取引する海外の企業と今後どのように貿易の話を進めていくのか双方で理解をしてお互いにやることを決める必要があるので、共通の認識を持つのに、このフローチャートは英語にもなっているのでとても便利です。

輸入者がすることを青線、輸出者がすることを黄色塗り、両方ですることを赤の点線で囲って記載してあります。ピンク色で塗った、6と7は、商品登録が必要な国用です。東南アジアのインドネシア・ベトナム・タイでは商品毎に事前に商品登録が必要です。上記の流れを理解して準備を進めてください。

※(B)貿易取引の見積価格の作り方を知る

この続きをみるには

この続き: 4,400文字

食品輸出の中級知識①:食品貿易取引の見積価格(FOB価格とC&F価格)を作る方法

山崎 次郎

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。ぜひ、販売期限のグローバル対応もご確認ください!
イオンで31年勤務し海外業務に28年関与。2か国9年海外駐在。海外業務・海外商品開発・品質管理のスペシャリスト。食品輸出事業の責任者経験から海外営業・海外商品開発を多数コンサルティング。2020年業界紙「食品新聞」1面最上段で食品輸出ノウハウを20回に渡り連載。食品海外展開支援。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。