見出し画像

外国人従業員と話す英語力アップ勉強法

日本企業で、日本という国で公式言語である「日本語」をまともに使えないのにも関わらず日本人と一緒に働いて給料をもらうなんてありえないですよね。そんなことを望むのは正直図々しい。コミュニケーションができなければ仕事にならないからです。

しかし他の能力があり、英語力もあるとするなら、多少日本語が不自由でも、企業にとっては価値があります。その人の価値を引き出して使うのがマネージメントです。そういう点では、私たち自身も彼らの見方を変えるべきです。

ただ他の能力が長けていたとしても、やはり日本語を習得させた方がベターであることも事実ですから、是非採用コストの一部として外国人に対して日本語教育を行ってください。そして、ただ実はそれよりも重要なことは、私たち日本人がもっと英語を使いこなせるようになることです。大体、中・高校で少なくとも6年間はしっかり勉強してきたのですから、素地はできているのですから。

そこで、異文化コミュニケーション研究所(R)の開発した《俺のイングリッシュ》に基づいて日本人の同僚・上司の方に英語の勉強方法の基礎をお教えしたいと思います。すぐに実践できる、実用英語ですので是非実行してみてください。

私たちはどうしても、聞き取れないという怖さ、下手くそな発音という恥ずかしさを持っています。そのため、「英語チック」に発音したり、必死になって何度もリスニングをしたりしますが、そんな時間の無駄は止めましょう。いくらやっても早々上達しないですし、途中で飽きてしまい継続できないからです。仕事で使える英語に辿り着くまで幾年月なんて我慢できないでしょう?

重要なことは、必要なことを伝えることができることです。
通常、英語のテキストはまず英語の部分を読んで、一生懸命ヒアリングをして、それを覚えようとしますが、そんなに簡単に覚えられるはずがないので、そんなことはしない。

やること
1.NHKのビジネス系の英語テキストを購入する(数百円で帰るのでとても安い投資です)
2.日本語の部分(和訳)を読んで、意味を理解し、自分持っている英語力で「英訳」する
  ポイント:難しい言葉を、簡単な日本語にしていき、それを簡単な英語にする
3.自分の英語と、テキストの英文を比較して、どんな表現が良いのか考えてそれを取り入れる
4.上記3.に基づいて、もう一度自分の英語にしてそれを、何度か読み返す

え?英語にできないから英語が話せないのに、何言っているの?と思う方もいるでしょうが、次回は、この続きをご説明します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
素敵な一日を!ありがとう!
4
異文化コミュニケーション研究所(R)の所長をしています。『日本を世界中の優秀な人財が活躍する国にする』をミッションとして、日本で学んだ超・優秀な外国人留学生と日本企業とをマッチング並びに、高度外国人財活用のコンサルティングをしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。