背中を見せる

Twitterで全国のGKコーチたちからこんな質問をよく受ける。




「指導方法を教えてください!」




きっと、指導方法に答えはないし、
同じテーマでもトレーニングメニューも違えばアプローチも違う。




それぞれ自分のスタイルがあって、正解も不正解もない。




ただ僕が意識してる事は、
目の前の選手に負けない情熱を持ち、理論的な指導だけを意識して指導している。




プレーヤーファーストだからこそ、上手くなってほしいし、
真剣にGKを学び、GKの醍醐味を味わってほしい。




だから時には厳しく接したり、時には友達のように振る舞う。




ただ勢いだけで指導しても、選手は指導者の質に気づく。




理論的で説得力がなくてはならない。




こんな練習をしたら上手くなるとか絶対ない。




そのトレーニングで何をどう伝えるかだけ。




指導者はブレない信念が大事。




すぐ伸びる選手もいれば、なかなか伸びない選手もいて、指導者も不安になる事はある。




指導者もその悩みを持つからこそ、成長できる。




選手とともに、成長しないとね!




凝り固まった考えは絶対良くない。




いつでもオープンマインドで選手のために、学び続ける事は指導者としてのベース。




だから僕は、学び続ける。
インプットしたものを自分なりに変換して選手に還元していく。




選手がGKを通して、選手としても人間としても成長してほしいからね!




これからも突き進みますよ😎





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
GKを愛する全ての人へ。GK哲学noteではGKとしての「在り方」「考え方」「理念」などをブログとして発信していきます! 海外でプロ引退後、指導者に転身。南米欧州にGK理論を学ぶ旅へ🇦🇷🇩🇪🇫🇷🇪🇸🇳🇱🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🇮🇹 日本のGKの為に少しでも力になれれば幸いです!