「20世紀最高のバッハ演奏家」とは
見出し画像

「20世紀最高のバッハ演奏家」とは

genzo1971

   「誰?その人?」というのが、映画「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」の宣伝を見た時の正直な感想でした。

20世紀の最も偉大なバッハの奏者
ジョアン・カルロス・マルティンス

   まず、寡聞にして、ジョアン・カルロス・マルティンスというピアニストを全く知りませんでした。
   しかも、バッハ演奏で名の知られたピアニストとのこと。

   バッハ演奏で20世紀最高のピアニストといえば、グレン・グールドだと思ってました。

   あと、あまりピアノでバッハを聴かないので、ピアニストのバッハにはあまり興味がありませんでした(バッハの鍵盤曲はやはりチェンバロで聴くのが一番です)。

   今の世の中は便利です。
   知らぬなら、聴いてみましょう、ホトトギス(最後の5文字はなくてもよい)。

   早速Spotifyで、João Carlos Martinsの音源を探して、片っ端からプレイリストに入れ、聴いてみました。

   ははぁ〜、なるほど、この人のバッハはいいですね。

   完全に個人的な好みの話になりますが、現代ピアノによるバッハは、変なところで変にゆっくりと、変にロマンチックになる演奏に出会うことが多く、あまり好きになれません。
   グールドですら、そんな感じに演奏することがあって、そういうところは好きになれません。

   でも、J.C.マルティンスの演奏は、そういう私の苦手なテンポの細工がなく、とてもスッキリと聴けます。

   しかも、ピアニストの生命線である手指に問題を抱えていたとのこと。それでいてこの破綻のない演奏には驚嘆します。

   特に「ゴルトベルク変奏曲」は、グールドよりも好きな演奏ですね。

   このスカッとした、リズム感のいいバッハは、ラテンの気質も影響してますかね…?

   このプレイリスト、しばらくはテレワーク中でもローテーションしそうです。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
次の投稿のモチベーションup!
genzo1971
Born half a century ago/昭和おじさん/J. S. Bach/Classical and Early music/さだまさし/P. F. Drucker/Rugby/地学/Suffering from depression over ten years