見出し画像

"data-vocabulary.org スキーマのサポートは終了します"の対応をしたので修正方法を掲載(LION MEDIA)(WordPressでは書けないブログ運営論#20)

ブログ運営をしている人は、普段からGoogleサーチコンソールで日々のインデックス登録の確認、カバレッジ状況やエラーのチェックをされていると思いますが、昨年2019年末から今年初めにかけてサーチコンソールで「パンくずリストdata-vocabulary.org スキーマのサポートは終了します」という警告が表示されるようになったという人は多いと思います。

今回拙WordPressブログでも他サイト様記事を参考にdata-vocabulary.org スキーマのサポートは終了しますエラーを対応したため備忘録的に修正内容を掲載します。
なお当記事を参考にされる場合は一切の責任を負いかねます。全て自己責任でお願いいたします。

「data-vocabulary.org スキーマのサポートは終了します」とは

サーチコンソールの左ペインのパンくずリストをクリックするとエラー・警告あり・有効のグラフが表示され、有効(警告あり)にチェックを入れると
「data-vocabulary.org スキーマのサポートは終了します。」と表示されます。

画像1

パンくずリスト、構造化データ、data-vocabulary.org スキーマについての詳細は以下の記事に詳しく書かれています。

簡単に言うとdata-vocabulary.orgという昔から使われている構造化データの形式が古くなり、現在は維持されていないため、最新の構造化データ形式であるschema.orgに移行してくださいとGoogleサーチコンソールがメッセージを出しているという状況です。

この状況を放置している場合、直ぐに検索ランキングペナルティ等はないものの、長期的にランキングシグナルに利用され検索順位等に影響が出る恐れもあります。
そこで、長らく放置していたものの、今後は見過ごせないと思ったため、拙サイトでも対応を行いました。

functions.phpのコード修正

拙サイトはWordPressで運営しています。
WordPressで具体的にdata-vocabulary.orgを使われている箇所はfunctions.phpになります。
WordPressの階層はテーマにより違いがあるものの、/wp-content/themes/テーマ名フォルダ/functions.phpが一般的な階層になります。
functions.phpのコードにパンくずリストを生成しているPHPコードの記述があります。

自分の使用テーマで言うとLION MEDIAで以下のPHPになります。

//////////////////////////////////////////////////
//オリジナルパンくずリストを作成
//////////////////////////////////////////////////
function fit_breadcrumb( $args = array() ){

~(中略)

			$str.='</ul>';
			$str.='</div>';
			$str.='</div>';
		}
	echo $str;
}

までの部分です。この中に以下のようにdata-vocabulary.orgを指定している箇所があります。

itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb">

以下のようにschema.orgを指定した記述に修正する必要があります。

itemscope itemtype="http://schema.org/BreadcrumbList">

■コード修正参考サイト様

修正にあたり参考にさせていただいたのは以下の2サイトです。

こちらで掲載されているコードを使わせて頂きました。

修正対象のファイルはWordPress親テーマのfunctions.phpを修正しました。

WordPressではテーマという「テンプレート」を使って外観や機能を構成しますが、バグフィックス等のためテーマ製作者がテーマをアップデートすることがあり、アップデートは既存のテーマ構成ファイルに上書きされます。

ファイルを上書きされると自分が施した修正がなくなってしまうため、通常は親テーマと子テーマに分けて使用し、自分で行う修正は子テーマに行うのがWordPressでのファイル修正になりますが、今回は子テーマではなく親テーマのファイルを修正するようです。(幾つかのサイトを見ると「親テーマを修正する」となっていたためそのように判断。)

LION MEDIAを作られたフィット株式会社さんの方で2018年以後はテーマファイルのアップデートがされていません。
恐らくユーザーが無料テーマに慣れたら上位の有料テーマであるTHE THORに移行し、会社としてのテーマアップデートはTHE THORに集中していく方針かと思います。
今後もしテーマアップデートがある場合は、今回の修正分も親テーマのfunctions.phpに反映する必要があるので覚えておく必要があります。

実際のfunctions.php修正手順(LION MEDIA)

functions.phpの修正の手順は以下の通りです。
コード修正箇所が分かり易くするため、自分はEXCELを使いましたが、テキストエディタでいきなり修正してもいいですし、個人によってやり方は自由です。

■事前準備 ダウンロードと複製

1.FTP接続ツールでレンタルサーバーに接続

2.サーバーにある親テーマファイルのfunctions.phpをPCローカルにダウンロードする

※functions.phpは記述ミスがあると深刻なエラーが発生するため変更前に必ずバックアップを取る。問題が起きた場合はバックアップしたファイルをサーバーに上書きして復元するため。

3.先ほどPCローカルにダウンロードしたfunctions.phpを複製して修正コードを反映するための(アップデート用の)functions.phpを作る

■ワーク用EXCELファイルに修正箇所を抜き出す

4.sakura等のエディタでアップデート用functions.phpを開く

5.functions.phpのコード修正の該当箇所をEXCELにコピーし、修正箇所が分かり易いように抜き出す(手作業)

以下のように赤字などで修正箇所が分かるように色づけしておく。
左の数字はファイルの行数。PHPファイルとEXCELのコード行数が一致している事を目視確認するため。

画像2

6.コード掲載サイトに掲載されているschema.orgのコードをコピーし、EXCEL上で修正箇所に貼り付ける(手作業)

画像3

■ワーク用EXCELファイルからfunctions.phpに変更コードを書き写す

7.sakura等のエディタでアップデート用functions.phpを開く

8.EXCELで書き換えたschema.orgのコードをアップデート用functions.phpに貼り付けする(手作業)

■functions.phpにコメントを残す

9.functions.phpにPHPコメントアウトで日付と変更内容が分かるように記述しておく。

コメントアウトの例。出来るだけオリジナルコードの行数を変えないように配慮し、元のコメント文に続けてコメントした。

//////////////////////////////////////////////////
//オリジナルパンくずリストを作成 2020/7/9 data-vocabulary.orgをschema.orgに変更
//////////////////////////////////////////////////

10.全てのコードを貼り付けが終わったらエディタでファイル保存する。

■修正前と後のfunctions.phpの差分比較

11.サーバーからダウンロードしたfunctions.phpとschema.orgのコードに書き換えたアップデート用のfunctions.phpの差分比較をして、変更箇所が反映されていることを確認する。

※コードが短い場合はここまでやらなくてもいいかもしれませんが、変更したコード量が多いときは念のため差分比較をしておくとミスが減ります。
差分比較のツールは何でも構いませんが、自分はsakuraエディタの機能(DIFF差分表示)で行いました。
他の方法としてはWindowsコマンド(fcコマンド)での比較、ツール(WinMerge等)での比較、EXCELで関数を使う等色々なやり方があります。

■functions.phpをサーバーに上書きアップデート

12.FTP接続ツールでレンタルサーバーに接続

13.アップデート用functions.phpをレンタルサーバーのfunctions.phpに上書きする

画像4

■WordPress動作確認

14.WordPressのダッシュボードやサイト動作を確認する

※functions.phpを修正後は深刻なエラーになる事があるため必ず動作確認する

■サーチコンソールで修正を検証させる

15.サーチコンソールのパンくずリスト画面の「修正を検証」をクリックする

16.サーチコンソール側で自動で検証が行われる 暫く日にちを置いて検証が完了しているかを確認する

変更内容を記録する

WordPressの場合ファイルやCSSに変更を行った場合、後で不具合が出るとどの変更がどの不具合に影響していたか分かり辛くなるため、変更を行った日と変更内容を記録しておくと、運用が安定します。
上記に書いたようにファイル内へのコメントアウトの他、自分は変更を行った日と変更内容を全てMicrosoft OneNoteにも別途記載して記録を残しています。
(WordPressやプラグインのアップデートも記録します。)
OneNoteでなくEvernoteでもいいですが、クラウドに自動保存されるデジタルノートを使うのが便利です。

シリーズ一覧


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます!サポートいただければ励みになります!

スキありがとうございます!
6
「G@MERZ:HACK管理人」が編集後記的に書くNOTEです。 システムエンジニア/ブログ運営/WordPress運営/note運営/ゲーマー/格ゲー動画勢/ゲーム特化ブログG@MERZ:HACKを運営/https://varis.jp/

こちらでもピックアップされています

WordPressでは書けないブログ運営論
WordPressでは書けないブログ運営論
  • 21本

ゲーム特化ブログをWordPressで運営している筆者による、WordPressやブログ運営に関して様々なノウハウ、知見、考察を述べた記事を集めたマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。