「研究者」「学会」とは何か? ~身銭切って教授や大学院生が集まる学会~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「研究者」「学会」とは何か? ~身銭切って教授や大学院生が集まる学会~

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)を巡って様々な情報が流れる中で、○○学会の声明とかガイドラインとか目にする機会もあると思います。
 〇〇学会=○○を専門とする研究者の集まり、というのは何となくわかっても、何をしている・どういう組織なのかはあまり知られていません。
 それも当然です。研究者世界を目指す大学院生ですら、入学後自ら体感で知っていく世界です。(少なくとも2010年代後半修士・博士に在籍した私はそうでした)
 しかし、存在があまり知られていないことは研究者にとっても、そうでない人にとっても、もったいないことです。今や誰でも学会の発信する情報にアクセス可能な時代ですから、全ての人にその正体を知ってもらうべきでしょう。

1.研究者とは何か

 「学会」を辞書で引くと、以下の通りです。

それぞれの学問分野で、学術研究の進展・連絡などを目的として、研究者を中心に運営される団体。また、その集会。(デジタル大辞泉)

 つまり、各専門分野の研究者の集まりです。「団体」と「集会」のどちらを指すこともあるのが少々厄介ですが、以下特に言及ない限りは「団体」の方を指します。(集会は「大会」という言い方をよくします。)
 では研究者とは何か。「研究」は「物事を学問的に深く考え、調べ、明らかにすること」(デジタル大辞泉)です。研究者という語について、総務省が統計で用いる定義は以下の通りです。

・研究関係従業者
 従業者のうち研究業務に従事する者をいい,研究者,研究補助者,技能者及び研究事務その他の関係者の四つに分類される。
・研究者
 大学(短期大学を除く。)の課程を修了した者(又はこれと同等以上の専門的知識を有する者)で,特定の研究テーマをもって研究を行っている者をいう。
(総務省『2020年(令和2年)科学技術研究調査 結果の概要』p.73)

 研究者には、大学に所属する人(教授・准教授・講師・助教など)ばかりではなく、研究所や民間企業に所属する人もいます。医学なら国立感染症研究所の人や、教育なら、ベネッセ教育総合研究所の人などです。
 また、研究を主とする職業についていなくとも、研究を行う人を研究者と呼ぶこともあります。例えば、自らの職業に関わって、病院に勤める医師や、一般の小学校に勤める教員の中にも学会に所属する人がいます。また、大学院生も大学に所属する広義の研究者と言えます。ただし、上述した総務省の統計では「研究従事者」に該当しないので「研究者」にカウントされません。
 他、現在の職業とは全く関係なく「研究」を行う者も、研究者ということもあります。(在野研究者や日曜研究者という呼称もあります。)また、かつて大学に所属し定年等で引退した人が学会に残り続けることもあり、それらも統計上カウントされない研究者です。
 学会はこうした広い意味での研究者が集まります。(とはいえ主となるのは統計上の「研究者」です。)

2.研究者"有志"の集まり学会 ~同好会的性格の強い共同体~

 ざっくりいうと、学会は研究する場というより、研究を発表・交流する場です。所属団体や個人で行った研究の成果や途中経過を、他の研究者に示して意見をもらう場であり、学会自体が研究主体とはあまりなりません。
 多くの研究者は、自分の研究に関係する複数の学会に所属します。例えば、経済学、その中でも行動経済学の専門家なら、「日本経済学会」と「行動経済学会」の会員かもしれません。また、地域レベルで学会が分かれている場合もあるので、その人が九州地方の大学所属なら「九州経済学会」でも会員かもしれません。
 「かもしれない」と書いているのは、学会は研究者なら強制的に加入する組織ではないからです。それぞれの研究者が自ら入会する学会を選び、時に退会することもあります。国内には2000以上の学会があり、会員数も数百人から数万人と様々な規模があります。

 学会への入会は、広い意味での研究者とその学会に認められれば基本は誰でも可能です。例えば、日本地震学会の規定では以下のように定められています。

第5条 この法人に次の会員を置く。
(1)正会員 地震学に関する研究者または、地震防災に関する学識経験を有する個人
日本地震学会HP:https://www.zisin.jp/org/organization_publicationss.html

 研究者に値するかの判断は各学会の理事会等で判断されます。会員1名の推薦・署名が必要という、"clubhouse"のような招待制の場合もあります。会員は増えた方がいいので、大学教員や大学院生であれば基本承認されると思います。

3.身銭を切る研究者


 会員が増えた方がいいのは、学会は会員の年会費で運営されているからです。学会の収入には、年会費の他、研究発表交流の場である「大会」への参加費用もありますが、その費用を賄うのに使われるため、基盤は年会費となります。また、学術誌も発行しますが、その売上は微々たるもので、出版にかかる費用負担の方が大きいです。
 研究者は論文を学術誌に載せる際、原稿料をもらうことは皆無です。よくて無料、逆に「掲載料」として書き手が費用を払う場合も多々あります。
 これは金を払えば載せてもらえる学術誌に限った話ではなく、他の専門家が内容を吟味する「査読」をしっかり行っている学会誌、世に広く認められている学会も同じです。
 学会とは、研究者が身銭を切って研究成果を交流、そして発表する場なのです。なお、大学など所属機関から学会費用に関して補助が出る場合もありますが、組織によります。(私がある国公立大の大学院生だった時は、学会費用は一円たりとも補助されませんでした。大学の正規教員は学会等も前提とした給与額をそもそももらっている場合も多いですが、非正規あるいは大学院生には切実です)
 費用は学会規模等によりまちまちで、年会費や大会費は3000~10000円程度、学会側も負担が大きいことは理解しており、大学院生は半額になる学会が多いです。掲載料はもっとバラついて3000円から著名誌には10万円を超える場合もあるようです。
 費用だけでなく、連絡調整など学会に関わる仕事も研究者で分担して負担します。外注も可能ですし、大規模学会は専属の事務員を置けますが、予算規模との兼ね合いでどの程度軽減できるかは変わります。

4.そこまでしてなぜ集まるのか

 加入も任意、負担もある、なのになぜわざわざ身銭切ってまで学会に入るのでしょうか。
 その理由の1つは、学会は大学など各機関を越えて、各分野の専門家が情報を交換する場、それを広く発表する場として機能していることです。もちろん、情報交換や公表というだけなら、インターネットの発展により学会の希少性は薄れました。ただし、情報の質をどう担保し、どう信頼してもらうかという点では、専門家共同体として合意した見解を示すことの重要性は、むしろ情報が氾濫する現代において増しているのかもしれません。 
 また1つは、研究者コミュニティが学会を中心に動いており、研究者同士のつながりを生み出しているからです。しかし、それは同時に、研究内容よりも研究者コミュニティへの適応が今後のキャリアも決めるような、閉鎖的なコネの世界になってしまう要因でもあります。(本来はそうではないというのが原則です)
 学会それ自体に資金力や拘束力はあまりありませんが、その分野の研究者集団(クラスタ)の人間関係という意味で、研究者を縛ってしまうことはあります。また、大学教員などの採用において、学会誌に論文が掲載されることは非常に重要ですから、研究者キャリアにおいてはある種の権力性を有しています。
 会費を持ち寄って運営していることが示すように、学会はもともと私的な性質のコミュニティでした。現在は公益社団法人となった学会も増え、「不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与する」ことを意識する必要が出てきました(全ての学会が法人ではありません)。
 いずれにしても、学会とは、ある専門分野の研究者が資金を持ち寄り運営する自発的な集まりで、研究成果の交流や公表をする組織、ということです。

【参考文献】

◆総務省『2020年(令和2年)科学技術研究調査 結果の概要』2020年
◆荒木優太『これからのエリック・ホッファーのために:在野研究者の生と心得』東京書籍、2016年
◆若原恭「学会の意義と役割」『電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン』9(4)、p. 200-207、2016年
◆細矢治夫「学会の存在意義と使命」『化学と工業』58(3)、p.277-278、2005年
◆中西印刷株式会社「学会法人化について」2011年
◆日本学術会議「提言 新公益法人制度における学術団体のあり方」2008年
◆創文印刷工業(学会運営サポート企業)HP:https://www.soubun.com/
◆Richard Van Noorden”The true cost of science publishing”Nature 495, p.426-429,2013 ※訳 菊川要「科学出版の本当のコスト」nature日本語版HP:https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/specials/contents/scipublishing/id/news-feature-130328-1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
がくまるい@学校で教えない教育のこと

人文社会科学を深く、でも分かりやすく広めることを目指し、動画や文章を制作しています。 サポートいただければ、文献購入費用など、さらなる活動の充実にあてさせていただきます。 自己紹介はこちら:https://note.com/gakumarui/n/n4096860d043a

ありがとうございます!活動の励みになります!
教育学・社会学・心理学・古典などの文章や解説動画を作っています。 自己紹介や文章・動画へのリンクまとめ:https://note.com/gakumarui/n/n4096860d043a