見出し画像

読書の日記(9/19-25)

メールマガジンとしての配信もしています。毎週土曜日発行、月額880円です。ご購読いただくと過去2ヶ月分がおまけで読めます。

『正反対な君と僕』、暇な祝日、『コーチングのすべて』/オールナイトニッポン、URBAN GUITAR SAYONARA、urban climbing death/ストレンジャー、ゴダール、映画館の人=カフェの人/『フォーエヴァー・モーツアルト』、ぷりゅぷりゅ、歌舞伎町/ほころび、指摘、レクチャー/Confusion Is Sex、珈琲館、『水平線』/「本の読める日」書店めぐり、『ジョナス・メカス論集』、『正反対な君と僕』、『イリノイ遠景近景』、『言語が消滅する前に』、『どうして男はそうなんだろうか会議』/下北沢がっつり3日間、テレビ朝日の取材、与沢翼/渋谷スカイ、ラリユー兄弟、『トラララ』/テイクアウトのオペレーション磨き/

9月19日(月)

6時半くらいに目が覚めてしまって遊ちゃんはもっと早く起きたみたいだ、毛布を持って部屋を出ていったのをうっすら感知していた。まだまだ眠りたいが眠れそうな気配がなくてスマホを見ていたら『正反対な君と僕』の最新話が公開されたことを知ったので読んだ。毎回神回。登場する人全員が本当にいいやつばかりというか人のいい面をすくい取ろうとする作者の前向きな意思を感じるし若い世代に下手に目線を合わせるのではなくて年長の者として彼らの素敵な面をちゃんと見届けようとする、そんな姿勢を感じる。べったり一枚に重なるのではなくて距離を保って優しく眼差す、そういう印象。とにかく素敵。そうやって1時間くらいダラダラしていて今日は早く出たかったからちょうどよかったかもしれない。出、雨は今はまばらだ、初台に着くとiPodのシャッフル再生にしてこのiPodはいつまで使えるのだろう、大きな音で音楽を流しながらまずはチーズケーキを焼く、そして昨日の洗い物だ。たっぷり溜まった洗い物を全部片付けるのには30分掛かってやはりけっこうな量だった。
コーヒーを淹れて少し仕事をすると10時半で太田さんとタスクフォローミーチング。今日も学びと気づきがある。途中で土砂降りの雨が降り始めて途端にしっかり雨漏りをした。
終わると朝ごはんで鶏ハムとかおかずとかを食べておいしい。学びと気づきがある。それで雨は弱まってピンチになっていたコーヒー豆を届けに太田さんが来てくれてマジ感謝。そして店を開ける。

ここから先は

25,461字

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?