FUSABUSA
FUSABUSAのアトリエ「FUSABUSA naya」アトリエオープンデイが始まります。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

FUSABUSAのアトリエ「FUSABUSA naya」アトリエオープンデイが始まります。

FUSABUSA

画像1

「FUSABUSA naya」アトリエオープンデイ開催のお知らせ

FUSABUSAは、3月26日・27日・28日の3日間にわたり、私たちのアトリエ「FUSABUSA naya」にてオープンデイを開催します。今後は原則として毎週土・日・月曜に開催する予定ですが、田んぼの農繁期や地域の作業日等と重なる場合もあるため、事前にSNSやホームページにて告知させていただいた上、アポイント制の営業となります。

今後は新型肺炎ウィルスの感染状況も配慮しながら、私たちの営みの潜在的な土台となる田んぼや畑の学び、料理教室やワークショップ、展示会等も随時開催する予定です。

<3月のアトリエオープンデイ>
■ 3月26日(土)27日(日)28日(月)11時~16時
完全アポイント制
① ご希望の日時、②お名前、③ご連絡先、④ご住所、⑤ご連絡先、⑥人数、について
SNSのDM、またはinfo@fusabusa.jp、TEL:04-7094-5747 のいずれかに前日までにご連絡をお願い申し上げます。アトリエの詳しいアクセスについてはアポイント成立後、個別にご連絡差し上げます。

※新型肺炎感染拡大防止のため、アポイント制にご協力をお願いいたします。
※アポイント後、アトリエ迄のアクセス他、ご来店におけるご協力のお願いを個別にご案内いたします。

画像2

画像4

2019年に海から山へと拠点を移してから丸3年。FUSABUSAは「自然と調和する食と暮らしのグローサリーブランド」として、新たなスタートを切りました。
里山に暮らし、多種多様な生き物と共に自然のルールに沿って営む田んぼや畑と同じく、自然軸を意識して作る食加工品やグローサリーは、食べる人受け取る人も自然軸の一部として未来に積み重ねる循環の輪を作ります。

桜

「自然として ありのままに」。
自然の一部であることを認め、余分な作為をせずに、
自然のルールのもと、ありのままを生かす。
ものを作るとき、ことを伝えるとき、何かを選ぶとき、いつもこうありたい。
私たちのお届けする食加工品やグローサリーも、そうありますように。
営みを積み重ねていきます。

尚、FUSABUSAの商品は下記にてお買い求めいただけます。

FUSABUSA online store

三越伊勢丹オンラインストア(房総ブイヤベースのみ)

鴨川市ふるさと納税返礼品(たまちちぷりんセット、房総ブイヤベース)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
FUSABUSA
千葉の房総・鴨川の里山で自然の摂理に沿う田んぼや畑を営みながら、自然と調和した食をお届けするグローサリーブランドです。古民家の納屋を改装した食と暮らしのアトリエ「naya」、田んぼや畑のフィールド「sora」から「自然として ありのままに」食や暮らし、自然の学びをシェアします。