COVIDは19だけ?20や21もある?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

COVIDは19だけ?20や21もある?

ユーラシア・グループ社は、世界最大の政治リスクの調査会社。

この調査会社が発表した、今年の10大リスク:


リスク・ランキング、1位は、米国大統領:コチラ

今日は、2位:


リスク2位:Long COVID

直訳:長いコロナ(期間)
少し意訳:長期化したコロナ問題
かなり意訳:なかなか終わらないコロナ


海外はコロナよりCOVID-19というほうが一般的。

COVID-19の「19」は2019年に始まったという意味だが、もはや今は2021年。だから、19がなくなっていることにも注目。

だから、アメリカでは、死亡診断書に"COVID"と書いてはダメとなっている州もある。ちゃんと"COVID-19"と書かないといけない。

ということは、実は、COVID-20やCOVID-21もある?

新型ウイルスのニュースがやたらと多いが、まだ確立されているわけではない。そのため、COVID-20やCOVID-21は、「まだ、ない」というのが答え。

でも、もう少ししたら、出てくるのかも。


でも、小説や映画はすでに出ているよ。


小説


映画:  ホラーだけど・・


ところで、なんで、コロナがリスク2位、米国大統領がリスク1位だったのか?反対が良かったんじゃないか?という声が多かった。

これについて、このリスク・ランキングを作った社長が、こう言っていた:

「コロナは、たくさんの人が亡くなったとはいえ、裕福な人、裕福な国の人は治療やワクチンが受けられるという意味ですべての人に影響があったわけではない。米国大統領という世界で最大の経済大国のリスクは、金持ちも貧乏人もすべてが影響を受けたから」なのだそう。

命や健康も資本主義に影響を受けるようになってしまった世の中。

この流れは、今後どんどん強まるのだろうか。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
英語✖会計を同時に!/by USCPA スグリンガル学校

よろしければサポートお願いします!頂戴したサポートは、今後の記事の質向上に使わさせていただきます!

スキしてもらっちゃった!大好き!
スグリンガル学校 代表。https://sugulingual.com/  プライベート英語✖会計コーチ。日本の小学校とインター、海外の小中大での経験を経て、米国公認会計士&公認管理会計士のコンサルタント。英語の効果的な習得方法✖珍しい会計の知識をお披露目中。